ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

10/19 県内松山よりOさん夫妻とHちゃんが来てくれました

10/19 県内松山よりリピーターのOさん夫妻とHちゃんが来てくれました。

この日の天候は午前中は雨模様でしたが時間が経つにつれて曇りとなり時折晴れ間ものぞきました。

集合時間は午後からのツアーを希望されたので12時にしランチ後に開始としました。

一本目は魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャネルインサイドに1時頃エントリーしました。前回と変わらずマダラタルミの幼魚は踊るようにして泳いでいるのが見られ今年多いギンガメアジも数を増やし群れをつくっていました。キビナゴが全くおらずカンパチなどの捕食シーンは見られませんがミナミハタンポの絨毯のような群れは変わらず見られてます。

二本目は地形と綺麗なソフトコーラルのポイントの塩子島サウスベイに3時過ぎ頃エントリーしました。透視度が10m以上あったので壁沿いのソフトコーラルや岩の切れ目を通るときの綺麗な景観が楽しめました。この時期になると個体数が増えるツノダシやイソギンチャクエビなども見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと5時半頃に解散となりました。

黒潮が入って透視度が10m以上になり良いところになると15mほど見通すことができています。水温は24℃前後とまだそこまで下がってはいません。北西の風もそこまで強くないこの時期はポイント制限がかからず防寒対策をすればベストシーズンです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はご連絡下さい。お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったOさん夫妻とHちゃん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

10/8 大阪よりTさんと県内今治よりKさんが来てくれました

10/8 大阪よりTさんと県内今治よりリピーターのKさんが来てくれました。

この日の天候は早朝は今にも降り出しそうな空模様でしたが時間が経つにつれて晴れ間が広がりました。海況は北の風が強く風波が起きましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は8時半に設定しました。

一本目は北西の風が強くなる予報だったので早めに西側のポイントを潜るため塩子島シーファンズリッジに8時半過ぎエントリーしました。朝一ということで光は乏しかったですが透視度が10m以上あったので色とりどりのウミウチワと地形を楽しめました。ロープに居ついているアオリイカや最近大きくなり個体数も増えているイソギンチャクカクレエビ、浅瀬には婚姻色のヒメギンポなども見られました。

二本目はKさんが加わり午前中に光が差し込み北風に強い塩子島ノースチャネルインサイドに10時半頃エントリーしました。マダラタルミの幼魚は変わらず同じ場所におり小さかったミカドチョウチョウウオも大分成長してきました。水温がまだ25℃前後あり例年より高いためフタイロサンゴハゼがまだ小さく写真には撮りにくいですが個体数が増えています。

ランチをとりTさんが解散してから三本目を大概の状況下でも潜れる鯖網代コーラルガーデンに1時過ぎエントリーしました。水温が上がりきりチョウチョウウオの幼魚が大きく成長して枝サンゴの中をそこかしこに隠れながら泳いでます。今回は今シーズンに初めて見たセグロチョウチョウウオの若魚が見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半前に解散となりました。

北西の風が数日吹き続けているため気温がやっと秋らしくなってきました。水面休息中は日陰にいると肌寒くなるので水面休息での過ごし方で快適に潜れるかが変わってきます。休息中に暖かい格好で過ごすことをお勧めします。心配だった台風ですが直撃コースからは大分それて台風の足も速く今週末は日曜日よりツアーができそうです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はお早めにご連絡下さい。お待ちしております。

大阪よりお越しくださったTさん、初来店ありがとうございました。

県内今治よりお越しくださったKさん、久々のリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

(解散時間が異なったためKさんのみの記念撮影となりました)

2019年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

10/6 隣町宇和島よりMさんが来てくれました

10/6 隣町宇和島よりリピーターのMさんが来てくれました。

この日の天候は日差しの強い秋晴れとなりました。海況は北風が強く吹き風波が起きましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は午前中に終えたいとのことだったので8時半に設定しました。

一本目は二つの大きな隠れ根を潜るダイナミックな地形の塩子島ビックロックタウンに9時頃エントリーしました。シマウミスズメやタテジマキンチャクダイの幼魚がなどが見られ台風でいくつかのウミウチワが折れていましたが大きさは他では見られないサイズのがあり綺麗な景観が楽しめました。浅瀬では銀に光るホヤやこの時期になると出てくるノコギリハギもみられました。

二本目は最近潜っていなかったということで塩子島サンディーエリアに11時前エントリーしました。少しエントリーポイントをずらしてコースを変えましたが砂地にネジリンボウが数個体いるのが見られました。もう少しエントリーポイントをずらしたら新しいハゼポイントにも出来そうです。フサカサゴ化の幼魚が多くハナミノ、キリンミノなどが多く見られています。浅瀬は季節来遊魚のツノダシなどがてきてスズメダイとソラスズメダイの群れが乱舞しています。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をしたあと1時過ぎに解散となりました。

本格的な北風が吹き始めましたが外気温はまだ高く水温は24℃以上とまだウェットでも快適に潜れています。透視度は残念ながら10m未満と落ちていますが天気がいいので浅瀬は光が入り綺麗な景観が楽しめました。幼魚シーズンで個体数が増えて観察しやすくなってきました。現在南に発生した台風の進路が心配ですが来週末の三連休に影響が出そうです。また生物、天候等の情報も公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん、毎回のリピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

10/5 広島よりFさん夫妻が来てくれました

10/5 広島よりリピーターのFさん夫妻が来てくれました。

この日の天候は真っ青な空が広がり日差しの強い秋晴れとなりました。海況は少し北風が吹きましたが凪となりダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半になりました。

一本目はネジリンボウと魚群をリクエストされたので台風前に見たヒレナガネジリンボウと魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャンネルインサイドに10時過ぎエントリーしました。小規模な枝サンゴ郡のところに当店で初めてみる白黒の小さなマダラタルミの幼魚がいました。台風前に見つけた小さなヒレナガネジリンボウは場所を移したのか見られませんでしたが魚影は濃く地味で大きな魚が群れていました。

二本目は浅場で近い場所がいいとのことだったのでネジリンボウもいる鎌毛インサイドで12時頃エントリーしました。最初の砂地ではリクエストだったネジリンボウを見て中盤のテトラポット地帯では隙間から漏れる光線を楽しみ終盤のサンゴ地帯ではノーダメージの枝サンゴに居ついている魚を見ました。体験ダイビングや講習にも最適のポイントですがそのポテンシャルはすごく大概のポイントを回ったリピーターさんには潜って頂くのですが好評のポイントです。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をした2時頃に解散となりました。

台風後の初のダイビングでしたが魚の場所が変わりまた探すことになりました。比較的深いところや内湾の場所は変わらず同じ場所におり今回リクエストがあったネジリンボウは鎌毛インサイドに数個体かわらず見ることができました。台風に運ばれてきたのか写真はうまく撮れていませんが当店で初のマダラタルミの幼魚が確認できました。アジアコショウダイやヒレグロコショウダイ、ホホスジタルミと今まで見たことがあったのですがまた新たな可愛い幼魚として見守っていきたいです。北風が吹きだし外気温が少しずつ下がってきそうです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方は早めにご連絡下さい。お待ちしております。

広島よりお越しくださったFさん夫妻、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/1 地元愛南より学生のNさんが来てくれました

10/1 地元愛南より学生のリピーターのNさんが来てくれました

この日の天候はあつい雲が広がりときおり晴れ間ものぞきましたが曇りとなりました。海況は台湾付近を北上中の台風の影響で大きなうねりが入ってきていました。

集合時間は台風の影響が出ないよう早めの8時半頃に午前中に終われるように設定しました。

一本目はアカオビハナダイが見たいとのことだったので大きなコロニーがある塩子島サンディーエリアに9時頃エントリーしました。大きなうねりの影響で浅瀬は濁っていましたが深場に行くにつれて影響はなくなり透視度は10m以上ありました。今回は当店では初めてみるカミソリウオのペアがうねりに身を任せて移動しているのが見られました。

二本目はうねりの影響がなく大概の状況下でも潜れる鯖網代コーラルガーデンに11時過ぎエントリーしました。いつもとはコースを変えて南側からエントリーし反対のコースをとりましたがまだ和名の付いてないヒメイソギンチャクにそっくりなエビや極小のヒレナガハギやセミエビ、曇りにもかかわらず光が十分に入った浅瀬の枝サンゴ郡やシコロサンゴなどの違ったサンゴ礁の景観を楽しみました。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をしたあと2時頃に解散となりました。

まだまだ台風シーズンでまた北上中ですが秋の台風は足が速く今週末には影響がなくなりそうで問題なくツアーが行えそうです。今回は砂地をうねりに任せて漂うカミソリウオのペアが当店では初めて見られました。10月11月と朝晩が冷え込み気温が下がりますが気温、水温はまだ高く透視度も安定するのでまた新しい季節来遊魚が出るか楽しみです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はまだ暖かいうちにご連絡下さい。ご連絡お待ちしております。

地元愛南よりお越しくださった、学生のNさん、リピートと毎回の写真提供ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。