ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

6/30 隣町宇和島よりIさんとYさんが来てくれました

6/30 隣町宇和島よりリピーターのIさんとYさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況は若干南の風が吹いていたので午後より風波が立ちましたが問題なく潜れました。水温は22℃前後と変わらず透視度が10m以下と落ちています。

一本目は初めてのファンダイビングとブランクがあいたということでチェックダイブのかねて鯖網代コーラルガーデンに10時前にエントリーしました。最近コース取りを変えて新たなポイントに生まれ変わりましたがもともと水温が若干高い場所なのでフタスジリュウキュウスズメダイの成魚が普通に越冬しているのが見られたり小さなサンゴが成長しているのが観察できることも楽しめています。

二本目は魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャネルインサイドに11時半頃エントリーしました。前日に行方不明になっていたオオモンカエルアンコウは変わらず同じ場所に帰ってきているのが見られました。水温が上がってきたのでカゴカキダイの群れも大きくなってきています。

ランチ後の三本目は塩子島の西側に位置する塩子島シーファンズリッジに2時頃エントリーしました。午後になったので透視度が若干落ちていましたがノコギリヨウジのペアやここの見どころであるソフトコーラルは変わらず見ることができました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと4時頃に解散となりました。

水温が22℃~23℃と若干上がってきています。七月に入ればどんどん上がってくると思うので季節来遊魚なども見られてきます。幼魚系も期待できるので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、Yさん、久々のリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

調査ダイブ 黒碆2号

時間ができたので黒碆の隠れ根2号に調査ダイブに行ってきました。

カニの爪のような大きな根があり潮あたりが良く魚が多いポイントですが今回も爪の間の切れ目にあたる場所ではキビナゴがむれてそれを狙うカンパチやブリの群れが回遊しており浅場にはメジナが大きな群れをつくっていました。

大きな根の水底は20m前後あり黒碆周辺ではすべてのポイントで見られているハタタテハゼがみられ小さな洞窟にはキンメモドキの群れが綺麗に見られました。

最近、体験ダイブやライセンス講習のメインポイントになっている鯖網代サンディーエリアはサンゴが育っており当店のロゴにもなっている枝サンゴがいつもまにか大きな規模になって群生しています。テーブルサンゴも所々に点在していてセダカギンポやサンゴガニが所狭しと居ついています。北西が強くなると鯖網代がメインとなるのでコーラルガーデンと同様に潜っていこうと思います。

塩子島調査ダイブ

最近は黒潮が入り透視度は常に15m前後で水温は25℃前後とベストシーズンらしい日々が続いています。時間ができたので新ポイントではなく既存のポイントの調査に行ってきました。

塩子島の一番南に位置するビックロックタウンに潜ってきました。昨年同様にボロカサゴが潮にのって現れました。去年は金色でしたが今回は赤色と自分は初めてみる色でした。若魚というよりは完璧な成魚のようです。

いつもは砂地に潜ってステルス戦闘機のように潜んでいるツバクロエイも中層をヒレをなびさせながら泳ぎ去るのが見れました。

ウミウシに関しては今シーズンはカンナツノザヤウミウシがいたるところで見られています。しかも最近までは小さかったイメージですが急成長しています。

カエルアンコウや甲殻類は変わらず見られています。浅場にはスズメダイの幼魚が目立つようになりました。

北西の風が強くなるとよく潜るようになる塩子島サンディーエリアにも少し調査に行ってきました。アカオビハナダイのコロニーがメインとなるポイントです。

最近の研究でアカオビハナダイはオスからメスに性転嫁し産卵した後にオスに戻るということがわかったらしいです。たまに帯が薄い名っていうのはどっちに転換中なんでしょうかね。興味深いです。

これからも時間があれば調査ダイブをして情報公開していこうと思います。ベストシーズン真っ最中なので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

塩子島より船越運河まで 調査ダイブ

最近は黒碆周辺を調査していましたが潜れる範囲が広がっているので今回は塩子島から船越運河にかけてのいいポイントを調査してきました。塩子島の西側の特徴がそのまま同じように広がっているイメージでした。半島からのびる磯がそのまま水中に伸びて尾根のような地形が楽しめるポイントがありました。深度は25m程で丁度良くそこから大岩の尾根がそそり立っている感じです。砂質が少し泥状でツバクロエイが見られました。これから北西の風が強まるので潜る機会が増えそうです。半島の大きな湾になっているので今回はイルカの群れが休んでいるのが見られました。

今回の写真は当店で一番潜っているポイントの塩子島ノースチャネルインサイドになります。大きなカエルアンコウや魚の多さに驚くポイントですが甲殻類やヨスジフエダイ、マダラタルミの幼魚などの季節来遊魚も多くなってきました。魚影も今一番濃い時期です。興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

2021年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

黒碆周辺 調査ダイブ

約20日ぶりほどになりますが最近はコロナの感染状況や大雨による災害があったのでブログを更新していませんでしたが問題なく通常営業しております。皆さん自分のタイミングでご来店を検討してください。お待ちしております。

さて、最近になって潜れるようになった黒碆を調査しています。今までに開拓して二つの隠れ根はダイビングポイントとして確立しツアーでも潜っています。黒碆の周辺のまだ調査ができていなかったところを暇があれば潜っていました。東西南北と潜ってみてポイントとして使えるところが南の尾根が使えることがわかりこれからツアーで潜っていこうと思います。ポイント名はシンプルに南の尾根ということでサウスリッジにします。尾根伝いに潜るのでそれに沿ってソフトコーラルが綺麗に群生しており深度も取りやすく隠れ根ほどではないですが魚群も楽しめるポイントです。自分は隠れ根や長い尾根を移動しながらソフトコーラルを見るダイビングが好きなのでお気に入りになりそうです。これから生物も探していいポイントにしていきます。

雰囲気は塩子島のシーファンズリッジに似ています。壁を見ながら尾根伝いに潮流を考えて移動する感じです。

潜れる場所が増えたのでまた時間があれば調査をして新しいポイントを開拓していきます。またいい場所が見つかったら情報公開していきます。

8/11 県内松山よりSさんが来てくれました

8/11 県内松山より昨日に引き続きリピーターのSさんが2タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は曇り空から本格的な雨になりました。海況は南の風が若干強く吹いて風波が立っていました。水温は26℃前後で透視度は10m以上あり良い状況が続いています。

一本目は塩子島のダイナミックな地形が楽しめるビックロックタウンに9時頃エントリーしました。はじめは緩い潮だったのですが途中より潮が速くなりましたが回遊魚や3個体のカエルアンコウなどが見られ満喫したダイビングが出来ました。

二本目は大きいのと普通のサイズのカエルアンコウを見たので小さいカエルアンコウをリクエストされたので塩子島ノースチャネルアウトサイドに11時頃エントリーしました。カエルアンコウの幼魚は場所を変えずにみられ綺麗なソフトコーラルや砂地に点在するイソギンチャクに居ついている甲殻類などを見ながら楽しみました。

午前中にツアーを終えて遅めのランチをとり2時頃に解散となりました。

お盆中は天候が心配されそうですが水温は高く透視度も良い状態が続いています。カエルアンコウの個体数が増えてカラーバリエーションが多いです。季節来遊魚はそれほど確認は出来ていませんが今からでてくるので楽しみです。14日以外は予約があいていますので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったSさん、二日間ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。