ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

6/16 隣町宇和島よりMさん夫妻が来てくれました

6/16 隣町宇和島よりMさん夫妻がリピートしてくれました。

この日の天候は、日差しの強い晴れとなりました。海況はこの時期には珍しく北西の風が強く吹きポイント制限がかかりましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は午前中に終えたいとのことだったので早めの8時半に設定しました。

今シーズン初ダイブでブランクがあったのでチェックダイブもかねて鯖網代コーラルガーデンに9時頃エントリーしました。前日の大雨で透視度が心配されましたが10m以上見通すことができ良い状態でした。シコロサンゴ地帯ではアブラヤッコのつがいが見られ砂地のイソギンチャクにはイソギンチャクモエビ、アカホシカクレエビなどが見られました。少し前まで一面にあったフクロノリはなくなり他の藻類たちが大きく育ってきているのも見どころになってきました。枝サンゴ郡の上ではラインの綺麗な小型のイサキが大きな群れをつくっています。

二本目は一本目がサンゴダイブだったのでゴロタと砂地の塩子島サンディーエリアに11時頃エントリーしました。エントリーと同時に小型のイサキの大きな群れが見られ砂地に降りるとササハゼ、ネジリンボウなどのハゼ類、イソギンチャクにはオドリカクレエビなどの甲殻類や泳ぎ去るツバクロエイ、砂地に潜ったアカエイなども見られました。25m付近の漁礁ではアカオビハナダイのコロニーが見られハナオトメウミウシも見られました。水温が上がって浅瀬ではムレハタタテダイノ幼魚も見られるようになりました。

ツアー終了後、ランチをとってログ付けをし談笑をしたあと2時頃に解散となりました。

前日に大雨が降りましたが透視度は下がらず10m以上見通すことができ良い状態が続いています。水温が22℃と上がったので魚の数も増えてきて水中がにぎやかになってきています。もうウェットでも問題なく潜れる時期になりました。シーズンインでブランクがある方はチェックダイブもかねて潜るのもいいかもしれません。興味がある方はご連絡下さい。お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん夫妻、今シーズン初のリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

6/9 県内中予地方よりOさん、Fさん、Tさんの三人組が来てくれました

6/9 県内中予地方よりOさん、Fさん、Tさんの三人組がリピートしてくれました。

この日の天候はあつい雲が広がる時間帯もありましたが日差しの強い晴れとなりました。海況はほぼ無風の状態でベタ凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間は移動時間のことも考えて少し遅い時間がいいとのことだったので10時半に設定しました。

一本目は全員ブランクが長かったということだったのでチェックダイブのかねて鯖網代コーラルガーデンに11時頃エントリーしました。透視度は10m前後あり水温も上がって22℃になっていました。水温も上がったので砂地に広がっていたフクロノリは枯れて綺麗な砂地が広がるようになりました。枝サンゴ地帯ではチョウチョウウオの数が多くなってきて小型のイサキがサンゴの上に大きな群れをつくっていました。

二本目は南風が若干吹いていて他のポイントが流れていたので南風に強い塩子島ノースチャネルアウトサイドに2時過ぎ頃エントリーしました。透視度は若干落ちて10m未満でしたが魚影の濃いポイントでシマシマの消えたイサキの成魚やブリの若魚の群れが見られ、ウミウシや甲殻類も見られました。水温が上がるとクマノミと一緒に見られるミツボシクロスズメダイの幼魚も増えてきていて産卵時期なので大きなアオリイカも見ることができました。

ツアー終了後、談笑をして4時半頃に解散となりました。

梅雨時期となりましたが今のところまだ湿気の多いムシムシとした気候になっていないので過ごしやすい毎日です。春濁りの時期も過ぎて水温も22℃と上がりシーズンインには最適の時期になりました。夏に向けてのダイバーの少ない時期にチェックダイブもかねて潜るのもいいと思います。興味がある方はご連絡下さい。お待ちしてます。

県内中予地方よりお越しくださったOさん、Fさん、Tさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

5/24 宇和島よりUさんが来てくれました

5/24 宇和島よりUさんがリピートしてくれました。

この日の天候は晴天になり季節外れの暑さとなりました。海況は北の風が若干吹いていましたが凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半に設定しました。

一本目は午後より北風が吹いてくると思ったので風が吹くと潜れなくなる塩子島シーファンズリッジに10時頃エントリーしました。透視度は10mないぐらいでこの時期の風物詩でもあるサルパが大量発生していました。水温が先週の南風と黒潮の影響で21℃まで上がりましたがまだ水中世界にこれといった変化はなくメインはウミウシダイブになりました。後半の浅瀬では大きなタコやガラスハゼも見られました。

水面休息を一時間ほどとり風が吹いてくるのと潮的に下げの終わりになってしまうためランチをとらずに二本目に行きました。サルパの大量発生と風をさけて塩子島サンディーエリアに12時前頃エントリーしました。エントリー付近ではイサキの群れが見られ砂地に降りるとネジリンボウやササハゼ、イソギンチャクにつくオドリカクレエビを見てアカオビハナダイのコロニーまで降りました。そのあとお決まりのコースをたどりウミウシやこの時期に多い大型のアカエイなどが見られました。いつもはそこらへんにいてスルーしてしまうダテハゼがこの時はオス同士が大きな口を開けて縄張り争いをしていました。

ツアー終了後、遅めのランチをとってログ付けをし談笑をして2時過ぎに解散となりました。

去年より水温が上がるのが遅いなと思っていましたが2℃上がり去年より上がるのが早くなりました。透視度は10mないくらいですが春濁りもなく良い状況なのですが大量発生しているサルパが猛威を振るっています。ポイントを間違えればトコロテンの中を泳いでいるような感覚になりますがポイント選びと潮など状況を考えてガイドしていこうと思います。外気温が上がり陸上のハイビスカスが咲き続け水温がやっと21℃になりましたのでウェットでも快適に潜れる環境になりました。シーズンインをお考えの方や興味がある方はご連絡下さい。お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったUさん、リピートと写真提供ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

5/16 岡山よりMさんが来てくれました

5/16 岡山よりMさんが来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況は西の風が吹いていましたが凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間は3タンクダイブツアーだったので8時半に設定しました。

一本目は新規のお客さんでブランクが10年以上あったのでヒラバエの宝でありチェックダイブに最適な鯖網代コーラルガーデンに9時頃エントリーしました。黒潮が入り水温が1℃上がってこの時期には珍しく15m近く透視度がありました。前半のシコロサンゴ群を通過して砂地を横断しているとまだ真っ白な砂地が広がることはなくフクロノリが多い状態ですが徐々に砂地が所々に見られるようになりました。フクロノリの影にはヤマドリが見られました。

二本目は午前中に光が差し込み魚群ポイントである塩子島ノースチャネルインサイドに11時頃エントリーしました。透視度は若干落ちましたが10m以上見とおすことができここの見どころである深度によって変わる魚種の魚群を楽しみました。前半の砂地ではイソギンチャクに居ついているオドリカクレエビや獲物を探しているホタテウミヘビ、後半のゴロタ地帯ではウミウシや大きなアカエイなども見れました。

二本目終了後、急遽用事が出来たのことで2タンクダイブツアーで終わり1時前に解散となりました。

黒潮が入り透視度が上がって水中に入った瞬間にこの前より温かいのがわかるほど水温が上がっていました。実際に変わったのは1℃なのですがシャワーを浴びているときの40℃と41℃での場合でわかるように水温の1℃は体感ではかなり変わります。これから徐々に水温が上がり外気温も夏日の日が続くので過ごしやすくなると思います。シーズンインをお考えの方は梅雨前がお勧めです。興味がある方はご連絡下さい。お待ちしております。

岡山よりお越しくださったMさん、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

5/12 隣町宇和島よりKさんが来てくれました

5/12 隣町宇和島よりKさんがライセンス講習最終日に来てくれました。

この日の天候は早朝は薄い雲が広がっていましたが時間が経つにつれて青い空が広がり日差しの強い晴れとなりました。海況は海面が鏡のように見えるベタ凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間はライセンス最終日のツアー形式での講習だったので2タンクダイビングツアーの通常時間である9時半に設定しました。

最初にツアー参加申し込み書の記入から始まりツアーの流れを説明したあと船へと移動しました。ボートダイビングの基本的な説明を終えたあと一本目はビギナーダイバーのチェックダイブや新規のダイバーさんに必ずといっていいほど潜って頂く鯖網代コーラルガーデンに10時過ぎ頃エントリーしました。透視度が10mほどあったので初ダイビングとしては条件が良く前半での中性浮力のチェックも完璧だったのでオドリカクレエビのマクロ生物を観察したり後半は枝サンゴの上をゆっくり泳ぎ45分の潜水時間をとって残圧の確認なども行って普通のツアーに参加できる経験をしてもらいました。

浮上後、本来ならランチをとり長めの水面休息をとるのですが透視度が落ちそうだったので1時間水面休息をとって塩子島の方に移動時ました。

二本目は最近磯釣りの人がいて入れていなかった塩子島ノースチャネルアウトサイドに12時半頃エントリーしました。ビギナーダイバーでも比較的楽しめるポイントなのでオープンウォーターダイバーの最大深度である18mまで潜り50分近い潜水時間をとりました。深場での中性浮力から浅場に移動しての空気の出し入れや残圧が50になった時のサインの出し方などを実際にしてもらいました。ツアー自体ではこの時期にこのポイントに多いカエルアンコウが3個体確認できたりウミウシも多く大きなマダラエイなども見られました。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付きをして少し休憩したあとライセンスの筆記テストをしました。採点して復習を終えて当店お馴染みの平碆にあるオーダーケーキ店MUMUさんのお祝いクッキーを渡してライセンス発行となりました。そのあと談笑をし4時頃解散となりました。

当店でもライセンスを取得し新しいダイバーさんが増えてきています。インストラクター兼ダイブガイドで一人でやっているためどうしてもファンダイビングメインになってしまいますが時間調整をしてこれからも出来るだけ対応していこうと思います。外気温も上がり夏日になる日が出てきました。陸上ではシーズンインを知らせるハイビスカスが咲き始めています。シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったKさん、ライセンス取得おめでとうございます。これから色々な海に行って色々な水中世界を体験をして下さい。3日間ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。