当店よりお知らせと気ままに調査ダイブ

ガイドのマサです。

愛南町平碆に移り住み9年、開店して8年がたちました。

旧内海村であるこの地区は真珠養殖が盛んで沿岸部は筏所有者の区画が決まっており入れず漁師で魚介類を取る潜水業務で生活をしている方もいてなかなかレジャ―ダイビングが根付かなかった歴史があります。今では聞いたことはありませんが一昔前のレジャーダイバーは物取りダイバーという先入観があったのかもしれません。

そのためもともとレジャーダイビングが根付いている西海地区と違い旧内海村の内海漁場内ではダイビング業をする者に対して厳しいローカルルールがありました。潜れる場所が限られ日程を知らせないといけないものでしたが開店当初よりルールを守り徐々に信頼を得ていき子供の行事、消防団や祭りの地域のイベントを通して知り合いも増えて応援してくれる方々が自然と増えていきました。

先月このローカルルールで問題が起こり再度話し合いの場を作って欲しいとの要望を漁協に伝えました。そして今月、内海漁協で会合を開いて頂き地元の方々の応援して頂く意見もあってこの厳しいローカルルールを緩和して頂きました。

急なツアー申込でも知らせる必要がなくなり対応が出来るようになりました。潜れる範囲が塩子島と平碆地区のみだったのが真珠筏の区画と漁場以外の内海内で潜れるようになりました。

今まで潜り続けていた塩子島周辺と平碆地区周辺でもかなりいいポイントがあるのですが今回はこういう流れになったのでこれからまた旧内海村の内海内でいろいろな場所を潜ってポイント開拓をしていこうと思います。この地域を潜るガイドがいないのでなかなか情報がないですが今から楽しみが増えました。

まず当店から船で10分以内で行ける黒ハエ周辺を開拓したくて潜ってみました。深度は深くても25mほどでいろいろな場所に隠れ根が点在していました。ポイントになりそうな場所を今のところ一カ所ですがこれから潜りこんでいくつか作っていこうと思います。イメージは塩子島の西側にあるポイントに近いですが人が入ってないせいか大きなスジアラ、マダラエイなどの大型種や色彩豊かなソフトコーラルが印象的でした。

潜れる範囲が広がり新たな可能性を感じていますが今まで潜りこんできたポイントを大事にしながら進めようと思います。当店のスタイルである内海という可能性を探りながらなるべく少ない人数でなるべく近い場所という考えを念頭に入れて最初は黒ハエ周辺を紹介していきます。調査ダイブは随時情報公開していきますので楽しみにしてください。

今回のローカルルールの緩和で行動を起こしてくださった地元の方々、本当にありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。

何でもかんでもやりましょう(シャワー室編)でもなんでもかんでもはできません

ガイドのマサです。

この時期になるとお店をいじりたくなるのですが去年は緊急事態宣言下で民泊の塗装をしました。今年は当店ではシャワー室が民泊にある1室だったので外に2室を立てることにしました。建築法などに引っかかると違法なのでコンクリート基礎と排水配管は業者さんに頼みました。

建て方は素人でも簡単に作れる2X4工法も用いてしました。最初に四つの枠組みを作りました。

枠組みが完成したので立ち上げ時に固定するアンカーをドリルで開けて四つを固定しました。

立ち上げたので屋根を作りました。台風にも負けないかなり頑丈な物を作りました。

次に入り口であるドアサッシの設置です。これにはかなり神経を使い優しく扱わないといけないところを力でやってしまいドアを持ってきてくれた業者さんになおしてもらうミスをしました。

いよいよ外壁を張っていきます。加工しやすい杉板を張ろうと思ったのですが工程がかなり増えるということでサイディングを使いました。この板が見た目以上に重く一人では水平がとりにくかったので一段目はナオミの助けをかりました。一段目を決めると以外にも簡単に一人で張ることができました。

次は内装の予定だったのですがまさかの五月に梅雨入りしました。なので先に雨どいの設置をしたのですが屋根の長さがギリギリだったので雨漏り発生しサッシドアに続いて問題が発生しました。もう一枚屋根を買ってきて手直しをしました。

問題を解決していよいよ内装の壁を張っていきます。

内装外装が終わったので今度は塗装をしていきます。屋根部分の木部は時間があるときに塗り終わっていたので壁面塗装のみとなりすぐに終わることができました。屋根のコーナー部分の板が痛むという職人さんのアドバイスをもらったので細い木材をはわせて水切りを設置しました。

最後に一番心配の種であったシャワーの設置です。家から給水配管をはわせて水漏れがないか心配だったのですが水漏れ、水圧も問題なく無事に取り付けが完了しました。

基礎をかなり頑丈に作ったので高低差があり高さがあるのでステップを作ることにしました。踏み台の高さを考えながら作成し塗装して室内ライト、棚、すのこなどはまだなのですが一応完成をなりました。電気配線も違法になるのでソーラー式ランタンを取り付ける予定です。

今回は長年思っていた小屋作成をすることができました。

専門学生を卒業してすぐに文化が根強く残っているミクロネシア連邦ヤップ島にいたときのことです。石のお金がずらっと並んでいるストーンバンクやその当時でも離島の人はコシミノでトップレスの女性が歩いているというタイムスリップをしたようなところでした。酋長制度や男尊女卑などの商売をしにくい土地柄でもあったのですがそこで生活をしている男の子は14歳頃になると自分の家族の土地で自分の家を建てて暮らすということがありそうそうこういうのがいいなとうらやましがったのをずっと覚えていました。縦床式でマングローブの木材とヤシの木の葉でかなりこった小屋を作る人もいればほんとに寝れるのって感じの地べたで寝るものまであり面白かったです。自分も40歳を前にやっとその時してみたいなと好奇心を刺激された自分で小屋を作るということができました。予算をかなりオーバーしたということ以外は悩みながらミスをしながら問題を解決しながらとなかなか楽しい時間を過ごせました。

今回作成するにあたって感謝をしないといけない方がいます。まず道具をそろえるところからお金がかかるのですがそこは平碆地区の方々にお世話になりほぼ消耗品の工具以外は貸してもらい助かりました。あと建てるにあたって材料や塗料、小さな金具まで地元の職人さんと相談しながら良いものができました。

業者の川口左建さん、岡田建材さん、(株)サンキョウの職人の方々、平碆で手助けしてくれた方、暖かく見守ってくださったご近所の皆様ありがとうございました。

また来年もお店をいじる予定なのでよろしくお願いします。

おかげさまで8周年、9年目を迎えました

おかげさまで当店は本日より8周年、9年目を迎えることができました。今までご来店頂きましたダイバーの皆様、いつもお世話になっている近隣の皆様ありがとうございます。

コロナ禍ということで昨シーズンは一組限定でツアーを行い厳しい対策をしました。今シーズンには落ち着いているかなと思いましたがここにきてまた感染者が急増しているようです。なんとも悩ましい感染症です。

今シーズンは正しくコロナを恐れて対策をし本来の少人数制スタイルであるファンダイブ最大6名、その他の講習、体験ダイビングなどは臨機応変に行えるようにしようと思います。また厳しい感染状況なったらまた限定一組にすると思います。

現在お支払方法として現金、PayPayをご利用いただいておりますが、近日中にクレジットカード、各種バーコード決済をご利用できるようにする予定ですので導入完了いたしましたらまたお知らせいたします。

現在シャワー室1室でお客様には大変ご迷惑をおかけしておりますが今後シャワー室を2つ増設する予定です。こちらも随時近況を報告させて頂きます。

今年は寒い時は雪が多く降り、あたたかいときは平年より温度がかなり高くなるイメージがあります。水温は変わらず今現在18℃前後と平年並みなのでこれから徐々に上がってくるでしょう。ツアー状況や調査ダイブなどは随時、情報公開していきますので参考にして下さい。

それでは、これからシーズンインをお考えのかたや当店に興味があるかたは気軽にご連絡下さい。

ご来店お待ちしております。

2021年4月1日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

おかげ様で7周年

おかげ様で当店も7周年、8年目を迎えることができました。

昨今の状況を鑑みて今年は5月より営業を再開しようと思います。

当店のモットーである Dive Ever Work Never を心にツアー中にはせかせかせず、休憩中には音楽を聴いたり雑談をしたりとのんびり過ごせるよう今年も心掛けていこうと思います。

まだコロナの影響で100%楽しめる状況ではありませんが安全第一で皆さんも頑張りましょう。落ち着いた後でもいいので来れるときに来て頂けたらと思います。

ご来店お待ちしております。

2020年4月3日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

おかげ様で6周年

陸上班ナオミです。2019/4/1で6周年、7年目をむかえました。
あっという間に6周年でここまでこれたのはお客様や、地域の皆様、家族の支えがあってこそと思います。
本当にありがとうございます。
ガイドインストラクター1名、陸上班1名、至らない点も多々あるかと思います。
お客様に心地よく、安全にダイビングを楽しんでいただける様今季も精進いたしますのでよろしくお願いいたします。

今季は4月中頃よりお店を開ける予定です。
正式に日にちが決まりましたらまたホームページ上、SNS等でお知らせいたします。
また5月頭頃には休憩所の2階を民泊として宿泊施設をオープン予定です。
こちらも詳細きまりましたらお知らせいたします。
今季はライセンス講習もできるだけ調整しながらお受けしていこうかと思っています。
ご興味のある方は是非ご連絡ください。
GWのご予約も徐々にいただきましてありがとうございます。
5/3(祝金)以外はご予約可能ですのでご検討中の方はご連絡おまちしております。

今季もどうぞよろしくお願いいたします
HirabaeDiversスタッフ一同

2019年4月1日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

5周年記念にプレゼント頂きました(^-^)

陸上班ナオミです。

お友達のKちゃんより5周年記念で素敵なお祝い頂きました。

ほんわか日めくりカレンダーと

ロゴ入り時計

家族の似顔絵です(^-^)

休憩所にちょうど時計置きたいなと思っていたところなので、届いてびっくり嬉しいです

まさにこんなの欲しかった!というお品でとってもかわいいです

ひめくりカレンダーもほんわかした気分になるし、家族の似顔絵は何割増しにも良く描いていただいてありがとうございます!

この二つは住居リビングに飾らせて頂いております

 

今回KちゃんからいただいたプレゼントはKちゃんの職場の出展者さんにオーダーしたものだそうです。

福岡市内在住の方はぜひ上長尾テラスチェックしてみて下さい

Kちゃんありがとうございました。

 

2018年6月1日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

5周年記念 ステッカープレゼント

陸上班ナオミです

5周年記念でご来店のお客様にロゴステッカープレゼントしております。

耐光、耐水なのでお好きなところにお貼りください。

ナオミお手製なのでカッティングの甘いところがあるかもしれませんが、もらってください

2018年6月1日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

祝5周年 おかげ様で6年目を迎えることが出来ました

おかげ様で5周年を終えて6年目を迎えることが出来ました。

あっという間に過ぎた5年間でまだまだ施設等不備な点がありますがこれから少しづつ改善して快適にしていこうと思います。

ダイビングはポイントが確立してサンゴ、地形、魚群などバラエティーに富んで満足のいく水中世界を案内できるようになりましたがこれからも新たなポイント開拓もしていき新たな発見が出来るように努めていこうと思います。

スタイルは知り合いのダイビングショップ以外はお断りをさせて頂いており個人やカップル、グループ専門店というスタイルで通してきましたがリピーターさんも増えて居心地のいい雰囲気になりました。これからまた新たなダイバーさんを受け入れたときでも気兼ねなしに滞在できるスタイルを崩さずにまだあまり知られていないHirabaeの海を案内していこうと思います。

自分のポリシーでもある「なるべく少ない人数で、なるべく近い場所を」ともう一つお世話になったペリリューダイバーズの恩師からいただいた「Dive Ever、Work Never」をモットーにこれから潜り続けていこうと思います。

今年度もよろしくお願いします。

2018年4月1日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

おかげさまで丸4周年、5年目になりました

陸上班ナオミです。

2017年4月1日でおかげさまでHirabaeDiversは丸4周年、5年目を迎えることができました。

約1か月前に記念日が過ぎてしまっておりブログに載せるタイミングを見失っておりました…

そんなHirabaeDivers、いつもお客様に助けられながらここまでやってこれたと思います。

施設面、ガイディングの質ともに精進していきますので、

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

あと、4周年にして、ようやくお店のロゴが完成いたしました。

真珠養殖が盛んな平碆なので丸は真珠を、

枝サンゴが豊かなので枝サンゴ、

魚影も見どころなのでスタッフ分のお魚をイメージして作りました。

作成は私の高校の同級生が引き受けてくれました!!

イメージ通りに仕上がりとても感謝しております。

Kありがとう!!

2017年5月19日 | カテゴリー : ヒストリー | 投稿者 : hirabaedivers

11/15 松山のリピーターSさんと由良半島先端の旧海軍衛所に行ってきました

11/15 松山のリピーターのSさんと以前から気になっていた由良半島先端の旧海軍衛所に行ってきました。

この日の天候は、前日の大雨が上がり晴れの天気予報が外れ午前中は小雨の降る曇り空となり午後から晴れとなりました。風も北西から強く吹く状況になりましたが登山をするには涼しく快適に過ごせました。

集合時間は8時頃に設定して、9時頃に由良半島先端の集落、網代の手前の登山口に到着し登り始めました。自分は登山経験がほとんどないので今回は今年の春に一回このコースを制覇しているSさんにガイドして頂きました。それ程高い山ではないのですぐ山の尾根に到着し、そこには明治時代〜昭和初期に戦争でなくなった方の石碑が二つありました。

pb150001 pb150004

登山というより半島の山頂尾根に沿って半島の先端を目指すのですが前半は尾根をアップダウンする道のりでした。途中に由良山と海軍衛所の分岐点があるのですが今回は由良山にはいかず海軍衛所のみを行くコースを取りました。先端に行くにつれて道のりが険しくなりイノシシなどの獣の気配がしてきて冒険気分を楽しめました。

pb150005 pb150041 pb150042

ちなみにここが分岐点です。なかなかわかりづらく一人で行ったら見落としそうなところでした。

pb150007

半島先端には灯台があり航路でも来れるのですがここら辺一帯は整地されていて波止場までの道はきれいでした。登山途中はほとんど周りが見えず波の音が聞こえてくる奇妙な登山コースなのですがここら辺まで来ると景色が見えるところがあり絶景を楽しむことが出来ました。天気が良ければもっときれいなのだろうな思い残念に思いましたがまた来る予定が立ちました。

pb150021pb150014pb150006pb150013_1pb150016pb150017

この灯台からすぐのところに旧海軍衛所がありました。若かりし頃にいたパラオ共和国ペリリュー島のように戦闘跡というのは見られませんでしたが同じような建物や陣地あと、防空壕などの大きな洞窟などは同じようなものが多かったです。pb150024pb150011pb150035

どのような洞窟もそうなのでしょうが洞窟の住人たちであるカマドウマ(通称便所コウロギ:この名前を最近聞かないということは最近の子供は便所コウロギの存在を知らないのでは)ゲジゲジ?、コウモリなどが住み着いていてここの洞窟を先頭切って勇敢にもガイドのSさんはゴンゴン突入するのですが自分はライトを存分に活用してそれらを見つけちゃ「ワー!」だの「ウォー!」だの叫びながら洞窟探索を終えました。この体験はペリリュー時代でも二人でジャングル探検をしていたときにSさんが同じように洞窟にゴンゴン突入し自分が後を追うのですが、その時に便所コウロギに囲まれたトラウマのせいです。何も危害をくわえない昆虫なのにこれだけの恐怖を感じるのはなぜでしょうか?ゲジゲジはゴキブリの10倍は鳥肌もです。

pb150025 pb150031 pb150032

自分たちの探索できる範囲を回ったあと帰路にたちました。まだ回り切れてないようなので次回は全体像を把握しようと思います。帰りの眺めのいいところで尾根の中腹の帰りのコースを見上げたとき正直しんどいと思いつつも何とか心が折れず元の場所まで戻りました。

pb150018 pb150021_1 pb150022

レジャーダイビングの有名ポイントは南太平洋が多くその一帯はほとんど太平洋戦争でその名残があり自分のいたパラオ共和国ペリリュー当も最近、天皇皇后が慰霊訪問されたと話題になっていましたがまさかこの由良半島もここまでしっかりした戦跡が残っているとは思いませんでした。これも何かの縁なのかもしれません。戦跡マニアではありませんがこれからも機会があればこの由良半島を探索したいと思います。

ガイドをしていただいたSさんありがとうございました。お互い年を取り自分も30代半ばで昔のようにジャングルを駆け回ることは出来なくなりましたがまた機会があれば行きましょう。お疲れさまでした。