ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

11/3 県内松山よりNさんと西条よりSさん夫妻が来てくれました

11/3 県内松山よりリピーターのNさんと西条よりSさん夫妻が来てくれました。

この日の天候は一日を通して日差しの心地よい晴れとなりました。海況も同様にベタ凪状態となって最高のダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半に設定しました。

一本目は新規のダイバーさんがいたのでヒラバエの宝である鯖網代コーラルガーデンに10時前エントリーしました。透視度は最近よくありませんでしたが回復して10m以上見通すことができました。光も十分に入ってここの見どころである浅場の枝サンゴ郡が綺麗に見ることができました。砂地地帯ではイソギンチャクに居ついている甲殻類がよく見られ極小のミツボシクロスズメダイなども見られました。ルリメイシガキスズメダイもかわらず観測できています。

一本目浮上後、少しはやめのランチをとりました。ここで急用ができたとのことでSさん夫妻は解散となりました。

二本目はまだお昼過ぎだったので塩子島ノースチャネルインサイドに12時過ぎエントリーしました。イサキやミナミハタンポ、マアジなどの魚群は透視度が良かったので全体像が見られガラスハゼやネッタイミノカサゴなどのマクロ生物も楽しむことができました。安全停止中の浅場ではコロダイの群れ、最近見られているツノダシやヒレグロコショウダイの幼魚はかわらず見られ今シーズン初観測となるフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚も枝サンゴの中で見ることができました。

三本目はアカオビハナダイが見たいとのリクエストがあったので少し三本目には深度がありますが塩子島サンディーエリアに2時頃エントリーしました。ゴロタと砂地の境目ではネジリンボウやササハゼが見られ今回はこのポイントでは初観測となるオトメハゼが見られました。深場のアカオビハナダイのコロニーに行きそのままニシキアナゴを見てコンクリートブロックや漁礁が点在するゴロタ地帯まで上がっていきました。普通種である極小のアオウミウシが沸いておりオトヒメウミウシなども見られました。背びれの先端が名前の由来である特徴的なミナミゴンべの幼魚であろう個体も漁礁に居ついているようです。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと4時半頃に解散となりました

11月に入り水温が一度下がって20℃まで落ちています。ウェットで潜るには少々きつい時期になっていますが寒さに強いダイバーさんはフードやベストを駆使して潜っている状況です。今年は水温の下がり方が早かったですが透視度は回復して10m以上見通すことができ安定していきそうです。写真を撮るには浮遊物も少なく良い時期になりました。これから不定期にお休みをいただきますがご来店の際にはお早めにご連絡下さい。お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったNさん、リピートありがとうございました。

県内西条よりお越しくださったSさん夫妻、急用で1タンクになってしまいましたがありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/29 隣町宇和島よりIさんが来てくれました

10/29 町宇和島よりIさんがリピートしてくれました。

この日の天候は一日を通して日差しの心地よい晴れとなりました。海況は遠く太平洋上にある台風の影響で大きなうねりが入っており北西の風が吹いていました。

集合時間は通常の9時半に設定しました

一本目はうねりや北西の風に強い塩子島サンディーエリアに10時頃エントリーしました。透視度はうねりの影響で浮遊物が多く10m未満とあまり良くはありませんでしたがマクロ生物をメインに潜ったのでそこまで影響はありませんでした。砂地のササハゼから始まりアカオビハナダイのコロニー、ウミウシエリアといつも通りのコース取りしたところ深場の砂地ではサイズが大きくなってきているブリの若魚の群れがみられました。ゴロタ地帯では吻の長い大型のヨウジウオや最近居ついているキリンミノなど見られています。

二本目は塩子島周辺を予定していましたが思った以上にうねりが大きく透視度が悪くなっていたのでショップの方に戻りランチをとって仕切り直しをしました。

二本目はうねりの影響を受けていない鎌毛インサイドプレイスに変更して12時半頃にエントリーしました。透視度は少し良く10m前後あり日差しが十分に入っていたので浅場はきれいな景観が楽しめました。前半の砂地地帯では漁礁についているウミウシやイソギンチャクを住処にしているカクレエビを探して写真をとりながら移動していきました。中盤のテトラポット地帯ではなんちゃってケーブダイブをし上から差し込む太陽光線を楽しみこの地帯に居ついている大きなアジ玉も見ることができました。終盤の砂地地帯では個体が大きいネジリンボウや砂にうまく隠れていたツバクロエイを見つけて1時間近い潜水時間で浮上しました。

 

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと2時半頃に解散となりました。

今年最後となるであろう台風が南から大きなうねりをつくり悪影響を及ぼしています。外気温、海水温共に下がっているので北上してくるとは思えませんが進路が心配になります。透視度はうねりがなくなれば10m以上は回復しそうです。水温は変わらず21℃前後と安定しています。まだニシキアナゴやネジリンボウが顔を出している水温なので季節来遊魚を探しながらこれから増えてくるウミウシなども見つけていこうと思います。11月になると外気温が下がるので今年最後のダイビングをお考えの方はお早めにご連絡下さい。お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/22 隣町宇和島よりIさんが来てくれました

10/22 隣町宇和島よりIさんがリピートしてくれました。

この日の天候は薄い雲が広がりましたが日差しの心地よい一日となりました。海況も同様に風がなくベタ凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半に設定しました。

一本目は魚群が見たいとのことだったので塩子島ノースチャネルインサイドに10時頃エントリーしました。水温は変わらず21℃前後と例年に比べると低く透視度は回復しておらず10m未満の状態でした。深場だと透視度は回復するかと思い25m付近まで落としてみましたが状況は変わりませんでしたが魚影は濃くいつもの魚種と捕食者であるブリの群れなども見られました。ワイドの写真は緑がかって絵にならなかったのでマクロ生物をメインに撮りベンテンコモンエビやイチモンジハゼ、最近見つけたフタイロサンゴハゼを見ながら移動しました。

二本目は透視度が一番いいところがいいとのことだったので比較的深度が浅く光が入り潮通しのよい塩子島サウスベイに12時前エントリーしました。入り組んだ隠れ根の地形とそこについているソフトコーラルが見所のポイントですが状況は少し良くなった程度でまたマクロ生物をメインに潜りました。甲殻類がよく見られオルトマンワラエビ、イソギンチャクカクレエビ、オトヒメエビの被写体をとりながらこの時期多いイガグリウミウシやハナミノカサゴの幼魚なども見ながら岩の裂け目を移動していきました。大きくて地味な魚がよく群れているポイントでもありますがここでもブリの群れが見られました。

ツアー終了後、遅めのランチをとってログ付けと談笑をしたあと2時半に解散となりました。

今回も天候、海況共に最高のダイビング日和となりましたが海が春濁りのような緑色になってしまい透視度が10m以下と残念な一日となってしまいました。大潮ということで色々な物が産卵行動をしプランクトンが増えているせいだと思いますが魚影はいつもよりも濃くなっています。この時期は安定して透視度が良く写真を撮るには最適な時期なのですがまた回復次第情報公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/21 県内松山よりAさんが来てくれました

10/21 県内松山よりAさんが来てくれました

この日の天候は雲一つない秋晴れとなりました。海況はほぼ無風状態でベタ凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間は3タンクダイブツアーだったので8時半に設定しました。

一本目は午前中に光が差し込む塩子島ノースチャネルインサイドに9時過ぎエントリーしました。水温が前日より1℃下がり21℃前後となり透視度も朝一で期待したのですが10m前後と落ちていました。大潮前ということで魚影が濃くなり今回は20m付近で大きなブリの群れが長時間見ることができました。最近数が少なかったイサキの群れも多くなりゴロタ地帯ではたまに見られるモンダルマガレイや季節来遊魚のヨスジフエダイも見ることができました。浅場ではシマアジの小さな群れや前日に見られたヒレグロコショウダイの幼魚も続けて見ることができました。

二本目は地形ポイントに切り替えて塩子島シーファンズリッジに11時頃エントリーしました。このポイントも状況が変わらず透視度が10m未満と良くありませんでしたがこの時期に観察しやすい甲殻類をメインにコース取りをしてマクロ生物を楽しみました。ソフトコーラルの上には見たことのない吻の短いヨウジウオが観測されました。砂地ではいかついサツマカサゴやイソギンチャクにはカクレエビが4種類見ることができました。

二本終了後、ランチをとり長めの水面休息をとりました。

三本目はセオリー通りならサンゴポイントにするのですが普段は沖縄で潜っているということでマクロ生物が多い塩子島サンディーエリアに1時過ぎにエントリーしました。砂地ではネジリンボウやササハゼ、イソギンチャクについているオドリカクレエビなどを見たあと25m付近のアカオビハナダイのコロニーで写真をじっくり撮りました。水温が下がってくると出てくるヒラタエイやまだこの時期にしては小さめのミツボシクロスズメダイの幼魚なども見られました。ゴロタ地帯に戻ると大型のオオモンハタの群れや水中を彩るソラスズメダイの大群も見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半頃に解散となりました。

着実に水温が下がってきてまた21℃前後まで下がりました。天候、海況共に最高の状況でダイビング日和となったのですが透視度が下がり10m未満のところもあったので全ての条件が揃うのはなかなか難しいです。大潮に向かう中潮ということで魚影が濃くなりブリの大群を見ることができました。これから数日は捕食シーンも狙えそうです。水温が下がることで出てくる魚もいるので発見次第情報公開していきます。

県内松山よりお越しくださったAさん、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/20 広島よりYさんが来てくれました

10/20 広島よりYさんがリピートしてくれました。

この日の天候は一日を通して日差しの暖かい晴れ間が広がりました。海況は北の風が強く風波が発生していました。

集合時間は通常の9時半に設定しましたが早めに到着されたので9時より開始しました。

一本目は魚群が見たいとのことだったので塩子島ノースチャネルインサイドに9時半頃エントリーしました。大潮に向かう中潮ということでキビナゴやアジの群れが増えて魚影が濃くなり最近見られなかったカンパチやブリの捕食者の群れが見られ水中は賑やかでした。ゴロタではイセエビや安全停止中には大型のコロダイの群れや今年は多かったアジアコショウダイの幼魚ではなく当店初となるヒレナガコショウダイの幼魚が観測されました。ひらひらと泳ぐ姿は可愛らしかったです。

風が強くなり海況が悪化する予報だったので午前中に二本目を風の島影に位置する塩子島サウスコーラルガーデンに11時前エントリーしました。水温が22℃前後と若干落ちていましたが浅場だったので1時間近くの潜水時間でのんびり潜ることができました。エントリー付近のゴロタ地帯の潮だまりではカマスの群れが見られコース取りを間違えると今年の台風でダメージを受けたサンゴ礁域になってしまいますがほぼノーダメージのテーブルサンゴを見ながら光の入った水中景観を見ることができました。他のポイントでは数の少ない浅場で見られるハマフエフキやイッテフエダイの群れなどがいてサンゴ礁を住処にしている色華やかな魚がたくさんいました。

ツアー終了後、ランチをとって談笑をしたあと少し早めの1時半過ぎに解散となりました。

数日前の黒潮の影響がまだあり水温は少し下がりましたが22℃前後と外気温も高いので快適に潜れています。透視度も若干悪くなりましたが10mは見通すことができている状態です。日本近海に寒気が入ったので北風は強く吹いていますがいい状態が続いています。当店初観測となるヒレグロコショウダイの幼魚なども見れてまだまだ季節来遊魚の期待は持てそうです。興味のある方はご連絡下さい。お待ちしております。

広島よりお越しくださったYさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。