黒碆周辺 調査ダイブ

約20日ぶりほどになりますが最近はコロナの感染状況や大雨による災害があったのでブログを更新していませんでしたが問題なく通常営業しております。皆さん自分のタイミングでご来店を検討してください。お待ちしております。

さて、最近になって潜れるようになった黒碆を調査しています。今までに開拓して二つの隠れ根はダイビングポイントとして確立しツアーでも潜っています。黒碆の周辺のまだ調査ができていなかったところを暇があれば潜っていました。東西南北と潜ってみてポイントとして使えるところが南の尾根が使えることがわかりこれからツアーで潜っていこうと思います。ポイント名はシンプルに南の尾根ということでサウスリッジにします。尾根伝いに潜るのでそれに沿ってソフトコーラルが綺麗に群生しており深度も取りやすく隠れ根ほどではないですが魚群も楽しめるポイントです。自分は隠れ根や長い尾根を移動しながらソフトコーラルを見るダイビングが好きなのでお気に入りになりそうです。これから生物も探していいポイントにしていきます。

雰囲気は塩子島のシーファンズリッジに似ています。壁を見ながら尾根伝いに潮流を考えて移動する感じです。

潜れる場所が増えたのでまた時間があれば調査をして新しいポイントを開拓していきます。またいい場所が見つかったら情報公開していきます。

8/11 県内松山よりSさんが来てくれました

8/11 県内松山より昨日に引き続きリピーターのSさんが2タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は曇り空から本格的な雨になりました。海況は南の風が若干強く吹いて風波が立っていました。水温は26℃前後で透視度は10m以上あり良い状況が続いています。

一本目は塩子島のダイナミックな地形が楽しめるビックロックタウンに9時頃エントリーしました。はじめは緩い潮だったのですが途中より潮が速くなりましたが回遊魚や3個体のカエルアンコウなどが見られ満喫したダイビングが出来ました。

二本目は大きいのと普通のサイズのカエルアンコウを見たので小さいカエルアンコウをリクエストされたので塩子島ノースチャネルアウトサイドに11時頃エントリーしました。カエルアンコウの幼魚は場所を変えずにみられ綺麗なソフトコーラルや砂地に点在するイソギンチャクに居ついている甲殻類などを見ながら楽しみました。

午前中にツアーを終えて遅めのランチをとり2時頃に解散となりました。

お盆中は天候が心配されそうですが水温は高く透視度も良い状態が続いています。カエルアンコウの個体数が増えてカラーバリエーションが多いです。季節来遊魚はそれほど確認は出来ていませんが今からでてくるので楽しみです。14日以外は予約があいていますので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったSさん、二日間ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

8/10 県内松山よりSさんが来てくれました

8/10 県内松山よりリピーターのSさんが2タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなり海況はうねりがあるものの凪となりました。水温は台風の影響で水をかき混ざったので26℃前後と少し下がり透視度は10m以上と回復傾向です。

一本目は最近新たに潜り始めた黒碆1号に10時半頃エントリーしました。黒いオオモンカエルアンコウは定位置にいて潮あたりがいいところではイサキ、ニザダイ、ブリの若魚などが混泳している魚群が見られました。近づいてくるマダラエイと中層をホバリングし続けるマダラトビエイなども見られました。

ランチ後の二本目はここも同じく最近潜り始めた黒碆2号に1時過ぎ頃エントリーしました。このポイントの隠れ根はカニの爪のようなかたちをした根なのでそれにちなんだ名前を付けようと思います。えぐれた場所から潜降していくと豪快な地形を楽しむことができ魚影も1号に負けないほど濃い時があるので楽しいです。キンメモドキが群れていたので近づくと小さなケーブを見つけることができました。

新たなポイントができてバリエーションが増えてきました。黒碆周辺はまだ可能性を感じるのでのんびりと調査ダイブをして開拓していこうと思います。お盆前ということで忙しいシーズンですが当店はまだ空き状況があります。興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったSさん、写真提供とリピートありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。

8/4 岡山よりKさんとHさんが来てくれました

8/4 岡山より昨日に引き続きリピーターのKさんとHさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなり午後より少し崩れて時折雨が降りました。海況はベタ凪となり最高のダイビング日和となりました。水温は27℃前後と上がり透視度は10m前後となっています。

一本目は午前中に光が入っている塩子島ノースチャネルインサイドに9時過ぎ頃エントリーしました。水温が上がったせいかいつも定位置にいるオオモンカエルアンコウは少し深場に移動していました。今から大潮に向かっていくので浅場のクロホシイシモチの群れが大きくなり向こうが見えないほどの壁になっていました。

二本目はソフトコーラルが綺麗な塩子島シーファンズリッジに11時頃エントリーしました。ちょっとグロテスクなオオモンカエルアンコウや群れが大きくなってきているチョウチョウウオの群れ、中層を泳ぐキビナゴシャワーなどが見られました。浅場には綺麗な芝のようなソフトコーラルが見頃になっています。

ランチ後の三本目は内湾ポイントの鎌毛インサイドプレイスに1時半過ぎ頃エントリーしました。コロダイやハタタテダイノ幼魚が見られ水深7m付近のネジリンボウもかわらず見られています。テトラ地帯にはいかず浅場のスギノキエダサンゴ群を楽しんでそこを住処にしている生物を見ることにしました。

ツアー終了後、帰りの移動時間も考えてシャワーを浴びてすぐに3時半頃に解散となりました。

透視度が場所によってかなり差があります。内湾のポイントは水が悪く5m前後となっていますが塩子島の外用側は良いところで15m近くあるところがあります。熱帯低気圧が近づくとと水をかき混ぜて良い潮が入るので待ちたいと思います。今のところ台風になる低気圧のコースはこの週末に問題はなさそうです。お盆にかけて不安定な感じですが興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

岡山よりお越しくださったKさん、Hさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

7/30 県内伊予よりMさんが来てくれました

7/30 県内伊予よりリピーターのMさんが午後より2タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況も心地よい北風が吹き凪となって最高のダイビング日和となりました。水温は26℃前後と上がり透視度は15m前後と良い状態になりました。

一本目は最近ポイント開拓したところが潜りたいとのことだったのでまだ名前が付いていない黒碆1号に2時半頃エントリーしました。透視度が良くここの見どころのイサキ、ニザダイ、ハマフエフキ、コロダイなどの混泳した群れが常に見られ浅場では綺麗なキンギョハナダイの群れやマツバギンポ、タカベの群れなども見られました。

二本目も同様に新しいポイントを潜りたいとのことだったのでもう一つの黒碆の隠れ根に2号に4時頃エントリーしました。1号とほぼ見られる魚は同じになりますが隠れ根が大きく地形のダイナミックさを感じました。灰色のカエルアンコウや塩子周辺では見かけない成魚のツノダシなども見られました。コケムシについているツノザヤウミウシもいました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと7時頃に解散となりました。

黒潮が入り去年よりかなり早い段階で水温が上がってきています。寒がりの自分でもフードを外しウェットの中に水が入っても快適に過ごせるようになりました。普通のダイバーさんならあつく感じるかもしれません。最近開拓した黒碆のポイントが2つに増えました。隠れ根のため周りにさえぎるものがなく風よけ波よけができないのが難点ですが状況が良くダイバーさんのスキルに問題がなければ使っていこうと思います。透視度がいいので海の色が良く天候も良いので最高のダイビング日和が続いています。興味があるかたはぜひご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内伊予よりお越しくださったMさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

7/25 県内松山よりYさんとUさんが来てくれました

7/25 県内松山よりリピーターのYさんとUさんが来てくれました。

この日の天候は薄い雲が広がっていましたが日差しは強かったです。海況は南のうねりが強く南風によって風波もたっていました。水温は25℃前後と安定していて透視度は10m以上と回復傾向です。

一本目は最近潜れるようになりポイントとして確立した黒碆に10時頃エントリーしました。大潮で若干強めの下げの潮が入っていましたがエントリー直後は流されましたが深度を下げるにつれて弱まりここの見どころのカラフルなソフトコーラルや地味ですが大きく数の多いメジナ、イサキ、ニザダイなどが混泳した魚群が楽しめました。アオリイカの産卵も3ペア見ることができました。

二本目は少しうねりが強く入っていましたが塩子島シーファンズリッジに12時過ぎ頃エントリーしました。ちょうど潮どまりと重なり水中はうねっていて透視度が若干悪くなっていましたがキビナゴが常に中層に泳いでいてそれを狙ったハマフエフキ、オオモンハタの群れが見られました。サガミリュウグウウミウシや最近増えているスズメダイ系の幼魚が色々なところで見られました。

ツアー終了後、遅めのランチをとってログ付けと談笑をしたあと3時頃に解散となりました。

最近調査を重ねポイントとして確立した黒碆ですが隠れ根がいくつかあり今は一つですがいくつかポイントができそうです。塩子島周辺と違ってさえぎるものがなく風が強く吹いたりうねりが強いと潜れない場合がありますが状況が良い時はツアーに使っていきます。潮流も下げ潮時は強くなる傾向があるのである程度のスキルがある方限定にはなってきますが魚の大きさや魚影の濃さ地形のダイナミックさは塩子島周辺より良いので楽しみにしてください。

県内松山よりお越しくださったYさん、Uさん、リピートありがとうござい

またのご来店お待ちしております。

7/24 広島よりTさんが来てくれました

7/24 広島よりTさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況は南よりうねりが入っていましたが問題なくツアーが行えました。水温は25℃前後と上がり透視度は塩子島の外用側は回復傾向で10m以上見えています。

集合時間は3タンクダイブの通常時間の8時半に設定して一本目を午前中に光が入る塩子島ノースチャネルインサイドに9時半頃エントリーしました。透視度は回復しておらず10m未満でしたが大潮ということで魚影が濃くナガシメベニハゼやアカオビハナダイ、越冬して元気に泳いでいるヨスジフエダイなど魚群以外にも見所が増えてきました。

ランチ後の三本目はサンゴ礁が見たいとのことだったので鯖網代コーラルガーデンに1時頃エントリーしました。うねりの影響で浅瀬は濁り気味でしたが現在コーラルガーデンを形成中のテーブルサンゴやシコロサンゴ、枝サンゴ郡など様々なサンゴの種類を楽しむことができました。

ツアー終了後、談笑をして3時頃に解散となりました。

大きなカエルアンコウは水温が上がりすぎたのか見当たらなくなってきました。そのかわりに例年では少し早くにツノダシやサザナミヤッコなどのカラフルな魚増えてきています。あとは黒潮が入って透視度が回復するのを期待するだけですが塩子島の外用側は10m以上と回復傾向です。これからまた新しい発見があれば情報公開していきます。

広島よりお越しくださったTさん、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

7/23 県内中予よりKさんとFさん、岡山よりAさんが来てくれました

7/23 昨日に引き続き県内中予よりKさんがFさん、岡山よりAさんがファンダイビングとOWDライセンス講習に来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなり時々雲がかかりました。海況は南の風が若干吹きましたが問題なくツアーが行えました。水温は25℃前後と上がり透視度は10m前後になりました。

ファンダイブの一本目はソフトコーラルが綺麗な塩子島シーファンズリッジに9時過ぎ頃エントリーしました。大潮の下げの潮が強く入っていましたがキビナゴが多くそれを狙った捕食者であるブリの若魚やオオモンハタ、ハマフエフキなどの大型種も群れていました。ミナミハコフグの幼魚が増えてきて可愛らしいサザナミフグも見られました。

講習組は当店に到着してからすぐに学科のテストをしてもらいました。それが終わってから海洋実習の二日目の三本目は主にバックアップ空気源を使用したバディによるスキルをメインに行いました。二人ともセンスが良くなんなくこなすことができ時間も余ったので初日の難しいスキルの復習もできました。

講習組のスキルがすべて終わったので実際にファンダイビングの流れを体験してもらうため二本目に合流して比較的安全で魚が一番多い塩子島ノースチャネルインサイドに2時頃エントリーしました。大潮ということでいつもより魚影が濃く初めてのダイビングで魚の群れの中を潜ることができました。若干透視度が残念だったのですが砂地で記念撮影もできました。

ツアー終了後、ログ付けと申請手続きをして今回は宇和島津島町の国道沿いにある保田屋でケーキを頼みお祝いをしました。

連休二日目ですが当店はいつも通りの平常営業でまったり過ごしてもらっています。遠くの台風が若干悪さをしていて南からのうねりが強くなりつつありますが問題なくツアーが行えています。水温も25℃前後と上がってきてウェットでようやく快適に潜れるようになってきました。カエルアンコウやミナミハコフグなどの幼魚も出てきているのでこれから幼魚シーズンに入り楽しみも増えてきました。今月もまだまだ空きがあるので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内中予よりお越しくださったKさん、写真提供とリピートありがとうございました。

岡山よりお越しくださったAさん、県内中予よりお越しくださったFさん、OWDライセンス取得おめでとうございます。これから色々な海に潜りに行ってください。また当店にも潜りに来てください。

またのご来店お待ちしております。

7/22 県内中予よりKさんとFさん、広島よりFさん夫妻、岡山よりAさんが来てくれました。

7/22 県内中予よりリピーターのKさんがFさんを連れてファンダイブとOWDライセンス講習に来てくれました。広島よりリピーターのFさん夫妻がファンダイブに来てくれました。岡山よりAさんがOWDライセンス講習に来てくれました。

この日の天候は晴れ時々曇りでそこまで日差しは強くなく過ごしやすい一日となりました。海況は東からの風が吹いていましたが問題なくツアーは行えました。水温は24℃前後と上がり透視度は10m未満と回復はしていません。

最初にファンダイブのKさん、Fさん夫妻の3名が塩子島ノースチャネルインサイドに10時頃エントリーしました。透視度は浅場は悪く深場に行くとよくなる状況でした。満月前ということで魚影が濃く常に何かの群れの中で潜っている感じでした。赤と緑の大きなカエルアンコウは変わらず見られています。

ランチ後の二本目はほとんどのポイントに強い流れが入っていたので状況がいい塩子島ノースチャネルアウトサイドに1時頃エントリーしました。インサイドと違いイサキは成魚でサイズは大きくハマフエフキやコロダイなどの大型種の群れもおり地味なのですが迫力がある群れを楽しむことができました。いつもは大きなカエルアンコウがいるのですが今回は小指の爪サイズのカエルアンコウが見ることができました。

OWDライセンス講習組のFさん、Aさんは最初に器材のサイズ合わせを行い器材セッティングを三回したあとファンダイブの合間に海洋実習を行いました。二人とも体験ダイビング経験者でセンスもよくスキルをなんなくこなしてくれました。二本ともに時間に余裕があったので浅瀬に広がるスギノキエダサンゴ群を楽しんでもらいました。

解散時間はそれぞれ違いましたが最終組は5時頃に解散となりました。

雨の影響で一時水温が下がっていましたが解消され水温が24℃前後と上がっています。残念ながら透視度は10m未満と回復していませんが小指の爪サイズのカエルアンコウが見つかるなど楽しい水中世界を満喫しています。講習組は内湾になるので透視度が悪いのですが余った時間でスギノキエダサンゴの群生を楽しむことができました。透視度に関しては一日で悪くなったり良くなるので回復することを願うばかりです。今週末はまだすべてのツアーに空きがあるので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内中予よりお越しくださったKさんとFさん、二日目もよろしくお願いします。

広島よりお越しくださったFさん夫妻、久々のリピートありがとうございました。

岡山よりお越しくださったAさん、OWDライセンス講習初日お疲れ様でした。

またのご来店お待ちしております。

7/15 県内松山よりKさんが来てくれました

7/15 県内松山よりリピーターのKさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は午前中は晴れとなり午後になり荒天となり雷雨になるときがありましたが問題なくツアーが行えました。海況は南の風が気持ちよく吹き凪となりました。水温は雨の影響なのか深場は寒流が入り22℃前後と下がり透視度も10m以下と落ちています。

一本目は最近調査ダイブで潜りポイントととして確立した黒碆に9時半頃エントリーしました。由良半島の船越運河からの潮流を受ける位置にあるため激流になる場合がありますが今回はほどよく流れていました。残念ながら透視度が10mなくここのみどころの魚のサイズが大きい群れと綺麗なソフトコーラルは全体が見れませんでしたがそれでも綺麗な景観が楽しめました。

二本目はゆっくり写真が撮りたいとのことだったので砂地が広がる塩子島サンディーエリアに11時頃エントリーしました。ここでは10m以深に行くと冷たい潮が滞留していて21℃前後とこの時期にしては寒い思いをしました。ネジリンボウ、オドリカクレエビとみてアカオビハナダイのコロニーにアプローチしこの時期は中層にいる群れを見見ることができました。擬態上手のサツマカサゴや数の多いオキナワベニハゼなども見れました。

ランチ後の三本目は深場に行くと寒く透視度も落ちるためなるべく光の入る浅場のポイントの鎌毛インサイドプレイスに2時頃エントリーしました。ここでもネジリンボウが浅瀬で見られ数匹の小指の爪サイズの小さなジョーフィッシュが確認することができました。テトラ地帯では変わらず魚影が濃く数では塩子島ノースチャネルインサイドに次いで二番目に魚影が濃いポイントになっています。

ツアー終了後、ログ付けをしたあと4時過ぎに解散となりました。

この時期によくある寒流が入ってきて一時的に水温、透視度ともに下がりました。次の日には変わって状況が良くなることもあるので期待したいです。現在調査ダイブで潜り続けている黒碆周辺ですが一つはポイントとして確立したので今回初めてファンダイビングに使いました。まだポイン名は決めてないですが黒碆周辺でポイントが増えたらつけていこうと思います。若干南よりなので塩子島では見かけないヤッコやタカベの群れなどが見れます。地形もダイナミックなので透視度が良ければソフトコーラルと一緒に楽しめます。今週末はまだ空きがあるので興味があるかたはご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったKさん、写真提供とリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。