11/4 県内松山よりFさんが来てくれました

11/4 県内松山よりリピーターのFさんが来てれくれました。

この日の天候は一日を通して日差しの心地よい晴れ間が広がりました。海況は凪でしたが時間が経つにつれて北西の風が強く吹き風波が起きました。

集合時間は3タンクダイブツアーの通常時間である8時半に設定しました。

一本目は地形のポイントをリクエストされたので塩子島シーファンズリッジに9時頃エントリーしました。透視度は回復しておらず10m未満でしたが今年多いキリンミノの幼魚や奇抜な色と綺麗なグレーの個体のオオモンカエルアンコウが二匹見られました。

二本目は同じく地形のポイントをリクエストされたので塩子島サウスベイに11時頃エントリーしました。当店で初めて見られたネガネスズメダイの幼魚や透視度が悪く暗かったので甲殻類も出てきていました。比較的深度の浅いポイントなので光が入り思ったよりも入り組んだ地形が楽しめました。

ランチ後の三本目は北西の風が強くなったので近場の鯖網代ロックケイプに1時過ぎ頃エントリーしました。午後に入りますます透視度は落ちていましたがこのポイントも深度が浅いので光が入り景観を楽しむことができました。季節来遊魚であるフタスジリュウキュウスズメダイは大きく成長しいてイソギンチャクモエビの個体数も多くなっていました。イサキも群れも小型から中型に代わりそろそろ沖へと旅立ちそうです。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半頃解散となりました。

透視度が例年に比べ悪くこの時期では珍しくまだプランクトンが多い状態です。これから水温が下がり、亜熱帯の海から温帯の海へと急激な変化しますがまたツアーが行えた時は変化した景観をお伝えできたらと思います。季節来遊魚も徐々に減っていく傾向になりますがまた新しい情報があったら公開していきます。

県内松山よりお越しくださったFさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

(写真はご遠慮されたので一本目に見たグレー色が綺麗なカエルアンコウ変更しています。

10/19 県内松山よりOさん夫妻とHちゃんが来てくれました

10/19 県内松山よりリピーターのOさん夫妻とHちゃんが来てくれました。

この日の天候は午前中は雨模様でしたが時間が経つにつれて曇りとなり時折晴れ間ものぞきました。

集合時間は午後からのツアーを希望されたので12時にしランチ後に開始としました。

一本目は魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャネルインサイドに1時頃エントリーしました。前回と変わらずマダラタルミの幼魚は踊るようにして泳いでいるのが見られ今年多いギンガメアジも数を増やし群れをつくっていました。キビナゴが全くおらずカンパチなどの捕食シーンは見られませんがミナミハタンポの絨毯のような群れは変わらず見られてます。

二本目は地形と綺麗なソフトコーラルのポイントの塩子島サウスベイに3時過ぎ頃エントリーしました。透視度が10m以上あったので壁沿いのソフトコーラルや岩の切れ目を通るときの綺麗な景観が楽しめました。この時期になると個体数が増えるツノダシやイソギンチャクエビなども見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと5時半頃に解散となりました。

黒潮が入って透視度が10m以上になり良いところになると15mほど見通すことができています。水温は24℃前後とまだそこまで下がってはいません。北西の風もそこまで強くないこの時期はポイント制限がかからず防寒対策をすればベストシーズンです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はご連絡下さい。お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったOさん夫妻とHちゃん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

10/6 隣町宇和島よりMさんが来てくれました

10/6 隣町宇和島よりリピーターのMさんが来てくれました。

この日の天候は日差しの強い秋晴れとなりました。海況は北風が強く吹き風波が起きましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は午前中に終えたいとのことだったので8時半に設定しました。

一本目は二つの大きな隠れ根を潜るダイナミックな地形の塩子島ビックロックタウンに9時頃エントリーしました。シマウミスズメやタテジマキンチャクダイの幼魚がなどが見られ台風でいくつかのウミウチワが折れていましたが大きさは他では見られないサイズのがあり綺麗な景観が楽しめました。浅瀬では銀に光るホヤやこの時期になると出てくるノコギリハギもみられました。

二本目は最近潜っていなかったということで塩子島サンディーエリアに11時前エントリーしました。少しエントリーポイントをずらしてコースを変えましたが砂地にネジリンボウが数個体いるのが見られました。もう少しエントリーポイントをずらしたら新しいハゼポイントにも出来そうです。フサカサゴ化の幼魚が多くハナミノ、キリンミノなどが多く見られています。浅瀬は季節来遊魚のツノダシなどがてきてスズメダイとソラスズメダイの群れが乱舞しています。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をしたあと1時過ぎに解散となりました。

本格的な北風が吹き始めましたが外気温はまだ高く水温は24℃以上とまだウェットでも快適に潜れています。透視度は残念ながら10m未満と落ちていますが天気がいいので浅瀬は光が入り綺麗な景観が楽しめました。幼魚シーズンで個体数が増えて観察しやすくなってきました。現在南に発生した台風の進路が心配ですが来週末の三連休に影響が出そうです。また生物、天候等の情報も公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん、毎回のリピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

10/5 広島よりFさん夫妻が来てくれました

10/5 広島よりリピーターのFさん夫妻が来てくれました。

この日の天候は真っ青な空が広がり日差しの強い秋晴れとなりました。海況は少し北風が吹きましたが凪となりダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半になりました。

一本目はネジリンボウと魚群をリクエストされたので台風前に見たヒレナガネジリンボウと魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャンネルインサイドに10時過ぎエントリーしました。小規模な枝サンゴ郡のところに当店で初めてみる白黒の小さなマダラタルミの幼魚がいました。台風前に見つけた小さなヒレナガネジリンボウは場所を移したのか見られませんでしたが魚影は濃く地味で大きな魚が群れていました。

二本目は浅場で近い場所がいいとのことだったのでネジリンボウもいる鎌毛インサイドで12時頃エントリーしました。最初の砂地ではリクエストだったネジリンボウを見て中盤のテトラポット地帯では隙間から漏れる光線を楽しみ終盤のサンゴ地帯ではノーダメージの枝サンゴに居ついている魚を見ました。体験ダイビングや講習にも最適のポイントですがそのポテンシャルはすごく大概のポイントを回ったリピーターさんには潜って頂くのですが好評のポイントです。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をした2時頃に解散となりました。

台風後の初のダイビングでしたが魚の場所が変わりまた探すことになりました。比較的深いところや内湾の場所は変わらず同じ場所におり今回リクエストがあったネジリンボウは鎌毛インサイドに数個体かわらず見ることができました。台風に運ばれてきたのか写真はうまく撮れていませんが当店で初のマダラタルミの幼魚が確認できました。アジアコショウダイやヒレグロコショウダイ、ホホスジタルミと今まで見たことがあったのですがまた新たな可愛い幼魚として見守っていきたいです。北風が吹きだし外気温が少しずつ下がってきそうです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方は早めにご連絡下さい。お待ちしております。

広島よりお越しくださったFさん夫妻、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/1 地元愛南より学生のNさんが来てくれました

10/1 地元愛南より学生のリピーターのNさんが来てくれました

この日の天候はあつい雲が広がりときおり晴れ間ものぞきましたが曇りとなりました。海況は台湾付近を北上中の台風の影響で大きなうねりが入ってきていました。

集合時間は台風の影響が出ないよう早めの8時半頃に午前中に終われるように設定しました。

一本目はアカオビハナダイが見たいとのことだったので大きなコロニーがある塩子島サンディーエリアに9時頃エントリーしました。大きなうねりの影響で浅瀬は濁っていましたが深場に行くにつれて影響はなくなり透視度は10m以上ありました。今回は当店では初めてみるカミソリウオのペアがうねりに身を任せて移動しているのが見られました。

二本目はうねりの影響がなく大概の状況下でも潜れる鯖網代コーラルガーデンに11時過ぎエントリーしました。いつもとはコースを変えて南側からエントリーし反対のコースをとりましたがまだ和名の付いてないヒメイソギンチャクにそっくりなエビや極小のヒレナガハギやセミエビ、曇りにもかかわらず光が十分に入った浅瀬の枝サンゴ郡やシコロサンゴなどの違ったサンゴ礁の景観を楽しみました。

ツアー終了後、遅めのランチをとりログ付けと談笑をしたあと2時頃に解散となりました。

まだまだ台風シーズンでまた北上中ですが秋の台風は足が速く今週末には影響がなくなりそうで問題なくツアーが行えそうです。今回は砂地をうねりに任せて漂うカミソリウオのペアが当店では初めて見られました。10月11月と朝晩が冷え込み気温が下がりますが気温、水温はまだ高く透視度も安定するのでまた新しい季節来遊魚が出るか楽しみです。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はまだ暖かいうちにご連絡下さい。ご連絡お待ちしております。

地元愛南よりお越しくださった、学生のNさん、リピートと毎回の写真提供ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

9/28 香川よりOさん親子、地元愛南より学生のNさん、隣町宇和島よりMさん夫妻が来てくれました

9/28 香川よりOさん親子と地元愛南よりOW講習の最終日の学生のNさん、隣町宇和島よりリピーターのMさん夫妻が来てくれました。

この日の天候はあつい雲が広がりときより小雨が降りました。海況はほぼ無風でベタ凪となりダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半に設定し、午後より参加するダイバーは1時に設定しました。

一本目はOW講習を終えて初めてのファンダイビングのダイバーと新規でビギナーのダイバーがいたのでチェックダイブもかねて鯖網代コーラルガーデンに10時過ぎエントリーしました。水温は25℃以上で透視度は10m未満と落ちていましたが初ファンダイバーやビギナーダイバーにとっては深度も浅く帯状に広がる枝サンゴ郡を楽しみました。

ランチ後に午後組と合流して二本目は比較的優しいポイントである塩子島ノースチャネルインサイドに1時半頃エントリーしました。今年はキビナゴの群れが全く見られず回遊魚などの活発な捕食シーンは見られていませんが魚影は他のポイントでは見られない数を保っています。メッキアジのギンガメやカスミが今年はよく見られています。

三本目は午後組の2名と南風が若干吹いてきたので島影である塩子島ノースチャンネルアウトサイドに3時半頃エントリーしました。曇り空で午後となり光量があまりなく水中は暗いイメージになってましたがウミウシや甲殻類、インサイドとは違ってサイズの大きな群れなどを楽しめました。台風でいなくなったと思っていたタテジマキンチャクダイの幼魚もかわらず見ることができました。

ツアー終了後、通常組、午後組、OW講習がそれぞれの時間にログ付けと談笑をしたあと解散となりました。

天気予報では雨の予報でしたが大降りになることはなく曇り空で小雨が若干降る程度になり気温も高くまだ水中、陸上共に快適に過ごせています。水温は25℃と高く幼魚シーズンでまたそれが成長し観察しやすくなってきました。潜水時間も50分前後と長めの設定でも寒くないです。これから透視度もあがり水中の状況は良くなると思うのでまた新しい情報がありましたら公開していきます。

香川よりお越しくださったOさん親子、初来店ありがとうございました。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん夫妻、毎回のリピートありがとうございました。

地元愛南より学生のNさん、OW講習最終日の学科試験と実際のファンダイビングの参加お疲れさでした。これから長いダイビング人生を楽しんでください。

またのご来店お待ちしております。

(香川勢は解散時間が早めで異なったので記念写真には参加できませんでした)

9/26 隣町宇和島よりIさんと地元愛南より学生のNさんが来てくれました

9/26 隣町宇和島よりリピーターのIさんがファンダイビングに、昨日に引き続き地元愛南より学生のNさんがOW講習二日目に来てくれました。

この日の天候は薄い雲が広がり時々晴れ間が広がる曇り空となりました。海況は無風となり鏡のようなベタ凪となりダイビング日和となりました。

集合時間はファンダイビングは8時半、OW講習は9時半に設定しました。

ファンダイビング一本目は午前中に光が差し込む塩子島サンディーエリアに9時頃エントリーしました。あいにくの曇りで光は深場で届かず透視度も朝一ですが10m未満と状況は悪かったですがアカオビハナダイのコロニーは数が増えて賑やかで台風で場所を変えたネジリンボウや今から増えてくるウミウシなどが見られました。ゴロタの浅瀬にはチョウチョウウオの群れに交じって当店では初めて見るチョウハンが見られました。

ファンダイビング二本目はリクエストの塩子島シーファンズリッジに12時前エントリーしました。透視度は変わるず10m未満と状況は変わりませんでしたがニセボロっぽいカサゴやネッタイミノカサゴやキリンミノの幼魚、肉眼で見ても穴が開いてるのかと錯覚するオオモンカエルアンコウなどが見られました。

OW講習は二本とも昨日に引き続き講習に最適な鎌毛インサイドで行いました。バックアップ空気源を使ったスキルやややハードな水中でのBCDとウエイト脱着などもなんなくこなしすべてのスキルをこなすことができました。少し時間が余ったので水中ツアーに行き綺麗な枝サンゴ郡の上を中性浮力に気を付けながら楽しみました。

ツアーと講習終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時頃に解散となりました。

透視度は10m未満と落ちていますが水温は変わらず25℃以上あり外気温もまだ30℃近くあるので水陸共に快適に過ごせています。今回はチョウチョウウオの群れの中にチョウハンが確認できたり今から増えるウミウシも大きくなって観察しやすくなりました。まだ台風シーズンなので南の熱帯低気圧が気がかりですが今週末は問題なくツアーが行えそうです。また季節来遊魚の情報がありましたら公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、毎回のリピートと写真提供ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

地元愛南よりお越しくださったNさん、OW講習二日目お疲れ様でした。

最終日は全スキルをこなせたので実際にファンダイビングに参加してでの講習になるので頑張りましょう

9/25 広島よりMさんと地元愛南よりNさんがきてくれました

9/25 広島よりリピーターのMさんがファンダイビングに、地元愛南より学生のNさんがOW講習初日に来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況は凪となり最高のダイビング日和となりました。

集合時間はファンダイビングは8時半に、OW講習は9時半に設定しました。

ファンダイビング一本目は地形のポイントをリクエストされたので塩子島シーファンズリッジに八時半過ぎエントリーしました。午前中は光が入りにくくソフトコーラルが暗いイメージになってしまいましたがネッタイミノカサゴやミナミハコフグなどの幼魚、甲殻類も多くムレハタタテダイも群れをつくって集まっていました。

講習をはさんでの長めの休息の後、二本目も同様に地形のポイントをリクエストされたのでまだ潜っていなかった塩子島サウスベイに12時過ぎエントリーしました。午後になり光が真上になったので岩の割れ目や壁際では綺麗な光の光線が楽しめました。台風のうねりの影響で水底は様子が変わっていましたがソフトコーラルは変わらず生き生きとしていました。

OW講習はファンダイビングの間に講習に最適な鎌毛インサイドで二本しました。センス抜群でスキルをなんなくこなして中性浮力も初日にしてほぼできるようになりました。水中ツアーではここの見どころのノーダメージの枝サンゴ郡を透視度は若干悪かったですが光が入っていたので綺麗な景観を楽しめました。

ツアーと講習が終わりログ付けと談笑をしたあとそれぞれが3時頃と4時頃に解散となりました。

台風17号の影響で三連休が潜れなくなりましたがうねりはなくなり砂の舞い上がった濁りも消えました。水底は大きなうねりがあったせいなのか岩がひっくり返り磯焼けのような景観になっていますがサンゴの状況もこれから報告していこうと思います。透視度は10m前後、水温は25度以上とまだいい状況が続いています。今シーズン最後のダイビングをお考えの方はご連絡下さい。お待ちしております。

広島よりお越しくださったMさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

地元愛南よりお越しくださったNさん、OW講習初日お疲れ様でした。

あと二日頑張りましょう

(地元愛南町の学生Nさんも遊びに来てくれました)

9/18 広島よりWさん、Nさん、Hさんの三人組が来てくれました

9/18 広島よりWさん、Nさん、Hさんのリピーター三人組が来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況は若干北風が吹く程度でダイビング日和となりました。

集合時間は早めのスタートを希望されたので8時に設定しました。

一本目は地形のポイントである塩子島サウスベイに8時半過ぎエントリーしました。甲殻類が多くゾウリエビやモンハナシャコなども見ることができました。若干の流れがありゆったりとしたダイビングは出来ませんでしたが入り組んだ地形に差し込む光や隠れ根についたソフトコーラルの綺麗な景観が楽しめました。

二本目は魚群ダイブの塩子島ノースチャネルインサイドに11時頃エントリーしました。魚影は相変わらず濃く例年では見られないメッキアジが多くなっています。枝サンゴ地帯ではミカドチョウチョウウオや深場の砂地では当店で初めてのヒレナガネジリンボウが見られました。ウミウシも徐々に増えています。

長めのランチ休憩後、三本目は地形のポイントをリクエストされたので塩子島シーファンズリッジに1時半頃エントリーしました。ここでも甲殻類が多くそれぞれの居ついたところを見ながら今回は透視度が良く光が十分に入っていたので色とりどりのソフトコーラルが楽しめました

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半頃に解散となりました。

水温が若干落ちて24℃前後になりました。透視度は変わらず10m以上が保たれています。今回は当店で初めての小さいヒレナガネジリンボウが見られました。魚やエイが多いところなので無事に越冬してくれるか難しそうですがこれから見守っていこうと思います。今週末は残念ながら台風の影響が出そうですがまた天候の方でも新しい情報がありましたら公開していきます。

広島よりお越しくださったwさん、Nさん、Hさんの三人組さん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

9/16 広島よりMさん、Wさん、Fさんの三人組と隣町宇和島よりMさんが来てくれました

9/16 広島よりMさん、Wさん、Fさんの三人組と隣町宇和島よりリピーターのMさんが来てくれました。

この日の天候は日差しの強い晴れとなりました。海況はこの時期には珍しく北の風が強くなり風波が起きていましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は3タンクダイブツアーでしたが移動時間を考慮して9時半に設定しました。

一本目は午前中に光が差し込む塩子島ノースチャネルインサイドに10時頃エントリーしました。深場にはヨコスジフエダイが群れているのですがその中に違う種類が一匹だけいてよく見てみると当店初観測となるキュウセンフエダイが見られました。タカサゴの他に背中から尾っぽにかけて黄色いラインが入ったササムロの様でウメイロのような魚種もいました。カンザシヤドカリは変わらず見られています。

二本目は地形とソフトコーラルが綺麗な塩子島シーファンズリッジに12時過ぎ頃エントリーしました。潮が流れておらずゆったりと潜水時間1時間のダイビングが出来ました。甲殻類が成長してミリ単位だったイソギンチャクカクレエビが大きくなり撮りやすくなっています。今回は写真では判別しずらい中くらいのカエルアンコウの肩に小さなカエルアンコウがのっている珍しい場面が見られました。

長めのランチ休憩後、三本目は魚群、地形と潜ったのでサンゴダイブである鯖網代コーラルガーデンに3時頃エントリーしました。透視度は夕方前ということで落ちましたが光はまだ十分に入って綺麗な景観が楽しめました。成長したイサキの群れがまだ居すわっていて普段ではあまり見られないシコロサンゴ上での観察が出来ました。イトヒキベラなどのベラ系も群れが大きくなっています。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと5時頃に解散となりました。

この時期には珍しく強い北風が吹いて風波が吹きポイントが制限されそうでしたが島影に入り問題なくツアーが行えました。水温は26℃前後、透視度は10m前後で安定しています。今回は小さなカエルアンコウが他のカエルアンコウの肩にのっている珍しいシーンが見られました。毎年見られる個体で色が緑のカイメンのようにグロテクスなのでなかなか写真では判別しにくいですが小さな個体も出てきたのでまた新しい情報がありましたら公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん、連日のリピートありがとうございました。

広島よりお越しくださったMさん、Wさん、Fさんの三人組、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。