10/20 隣町宇和島よりYさんが来てくれました

10/20 隣町宇和島よりYさんがOWDライセンス講習に来てくれました。

この日の天候は、数日続いた寒い日がおさまり青空が広がる秋晴れとなりました。海況はベタ凪で水温は24℃前後と安定しています。透視度は少し落ちて10m前後です。

集合時間は講習の通常時間である9時にしました。

海洋実習二日目ということで受付を終えたあと器材のセッティングができ次第講習ポイントである鎌毛インサイドに移動しました。ほぼ一人でのスキルは終えていましたが復習として浅場でいくつかのスキルをして慣れたあと深場に移動し二人でするスキルのオクトを使用するバックアップ空気源のスキルをしました。なんなくこなせたのでその後は中性浮力をメインに泳ぐ練習をしました。

ランチ後の二本目は実際にツアーに参加したことを想定して塩子島ノースチャネルインサイドでファンダイブをしてもらいましたOWDの最大深度ある18m付近まで潜降し残圧の管理をして水中世界を楽しんでもらいました。

海洋実習終了後、ログ付けと筆記試験がまだなので次回の段取りを説明して4時頃に解散となりました。

今年は気温が例年より下がるのが早いのかと心配していましたが秋晴れが広がると日向では半そででいれるくらい暖かく過ごしやすい一日になっています。海水温も同様に下がるのが早かったですが例年通りに戻りました。当店の営業もあと少しになりましたがまだシーズン納めのダイビングをお考えの方はご連絡下さい。お待ちしております。

隣町宇和島よりお越しくださったYさん、海洋実習二日目お疲れ様でした。

最終の筆記試験を終えたらライセンス取得となるので頑張ってください。

10/18 県内松山よりOさん夫妻とYさんが来てくれました

10/18 県内松山よりOさん夫妻とYさんの三人組が2タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は午前中は曇りがちでしたが時間がたつにつれて回復し秋晴れが広がりました。海況はほぼ無風でベタ凪で水温は24℃前後と安定しています。透視度も同様に10m以上あり安定しています。

集合時間は午後からのツアーを希望されたので12時にしました。

一本目はこの時期に一番魚が集まる塩子島ノースチャネルインサイドに1時頃エントリーしました。深場ではブリの若魚が群れていてこの時はどこかから逃げてきたのか大きな養殖マダイが浅場に群れていました。キビナゴやクロホシイシモチの幼魚の群れが多いせいかいつも見られているカエルアンコウの違う個体がまた居ついています。

二本目は少し遅めのエントリーなので午後に光が差し込む塩子島の西側にポイントをチェックしたところ釣り人が入っていない塩子島ノースベイに3時頃エントリーしました。少し透視度が落ちていましたがここに広がるソフトコーラルやそれに居ついている生物をゆっくり見ることができました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと5時頃に解散となりました。

十月も早いことに中旬になり外気温が20℃前後と落ちて水面休息時間の過ごし方が重要になってきました。水温は例年通り24℃前後と安定しているのでウェットでも問題なく潜れています。休息中は乾いた服に着替えて過ごすことをお勧めしますので上着を用意してください。今年はアジアコショウダイの幼魚が大きくなり成魚になるのではないかと思うほど塩子付近に居ついています。温暖化のせいでしょうがまた季節来遊魚が出たら情報公開していきます。

県内松山よりお越しくださったOさん夫妻とYさん、久々のリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/16 隣町宇和島よりIさんとYさんが来てくれました

10/16 隣町宇和島よりリピーターのIさんがYさんを連れてOWDライセンス取得に来てくれました。

この日の天候は午前中は心地よい日差しの晴れ間が広がりましたが午後より曇り空となりました。海況は無風状態でベタ凪となりました。水温は24℃前後と安定していて透視度は午前中は15m前後と良いですが午後より濁りました。

集合時間はライセンスの通常時間である9時にしました。

受付を終えたあと器材のサイズ合わせをして器材セッティングを3回してもらいました。一本目はほぼ体験ダイビングと同じ内容なので水面水中のスキルを確認したあと講習ポイントでもある鎌毛インサイドプレイスに移動しました。初めてのダイビングでしたが水泳をしているとのことで問題なくスキルをこなしここの見どころのノーダメージのサンゴ郡を水中ツアーで楽しむことができました。ランチ後の二本目はスキルメインに切り替えてバディで行うスキル以外をすべてこなすことができました。

講習終了後、ログ付けと次回のスケジュールを確認したあと3時半頃に解散となりました。

午前中は綺麗な青色の海が広がっていますが午後になるといつも通りの緑色に変わっています。これから大潮周りになりますがそれにあわせて産卵行動をする生物が増えるのでまた濁りが発生しそうです。海況、天候共に恵まれて安定している日が続いてベストシーズンらしくなりましたがまた新しいことがあったら情報公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、ご紹介ありがとうございました。

同じくYさん、海洋実習1日目お疲れ様でした。

次回の実習も頑張りましょう。

10/14 県内松山よりKさんが来てくれました

10/14 県内松山よりリピーターのKさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は真っ青の青空が広がる秋晴れとなりました。海況はポイント選びを島影にして凪となりました。水温は24℃前後と例年通りとなり透視度は15m前後と良い状態が続いています。

集合時間は3タンクダイブの通常時間の8時半しました。

一本目は耳抜きの確認とドライスーツに切り替えとのことだったのでチェックダイブもかねて塩子島ノースチャネルインサイドに9時半頃エントリーしました。前半はキビナゴにアッタクするブリの若魚の群れが弾丸のように泳ぎ去り後半はうきグレが水面からおりてくる魚群が見られました。稚魚の群れは密度が濃くカエルアンコウはいい餌場と思ったのか安定して見られています。

二本目はまだ耳抜きに不安があるとのことだったのでのんびりフィッシュウォッチができる塩子島サンディーエリアに11時半頃エントリーしました。ホバリングしているネジリンボウにイソギンチャクに居ついているカクレエビ、少し深場のアカオビハナダイのコロニーにでは性転換しているものや小さい若魚の姿がよく見られました。去年から見られだしたツムブリも個体数は少ないですが小さな群れで出てきました。

ランチ後の三本目は、風が強くなりだすので内湾ポイントの鎌毛インサイドプレイスに2時前エントリーしました。先日みたカミソリウオは変わらず同じところで見られテトラポット地帯では透視度と天候が良かったので太陽光にあたっている稚魚たちが幻想的に見られました。このポイントのネジリンボウも水温が安定してやっとホバリングして見やすくなりました。鯖網代コーラルガーデンにあった大規模な枝サンゴ郡は台風の影響でなくなりましたがここのポイントはまだノーダメージのサンゴ郡が見られています。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと4時頃に解散となりました。

水温は例年の24℃前後と戻り透視度はやっとベストシーズンかと思う15m前後まで回復しました。良いところでは20m近く見通すことができています。魚も多くなり季節来遊魚であるフタスジリュウキュウスズメダイなども出てきました。当店はコロナの感染状況を見て11月半ばにはクローズする予定です。今年いっぱいまではコロナ対策として一日限定一組とさせて頂きますので早めのご連絡をお願いします。

県内松山よりお越しくださったKさん、毎回のリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/11 県内四国中央市よりWさんが来てくれました

10/11 県内四国中央市よりリピーターのWさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は通過中の台風14号の影響は出ず青空が広がる晴れとなりました。海況も北西の風が吹いていましたがつあーには問題ありませんでした。水温は24℃前後と少し上がり透視度は15m前後と回復しました。

集合時間は3タンクダイブの通常時間の8時半にしました。

一本目は被写体がゆっくりみれる塩子島サンディエリアに9時半頃エントリーしました。透視度が良かったのでネジリンボウがホバリングしている姿やキビナゴを追いかけまわすブリの若魚などが見られアカオビハナダイのコロニーの群れや浅瀬のソラスズメダイの群れも綺麗に見られました。

二本目は北風に強く南側に位置する塩子島ビックロックタウンに11時半頃エントリーしました。透視度が良くイサキの群れが常に回遊していてモンハナシャコやミナミハコフグの幼魚、カクレエビなどが見られ浅瀬には真黒なカエルアンコウがいました。ジョーフィッシュは台風あとに一匹になりましたがかわらず見れています。

ランチ後の三本目は午後より風が強くなってきたので内湾ポイントの鎌毛インサイドプレイスに2時頃エントリーしました。透視度は午後になり10mと落ちましたが砂地には大きめのカミソリウオやイソギンチャクに居ついているカクレエビ、ネジリンボウなどが見られ、テトラ地帯では魚群、心配されていた枝サンゴ郡は変わらずノーダメージ状態が見られ綺麗な景観が楽しめました。

ツアー終了後、簡単なログ付けと談笑をしたあと4時頃に解散となりました。

台風あとには透視度が良くなるときと悪くなるときがありますが今回は良い潮が入って通常より良い15m前後まで回復しました。久々の緑っぽい海ではなく青の色の海で潜れてきもちよかったです。水温も一時は22℃まで落ちてこのまま上がらないのかと心配しましたが例年並みの24℃前後まで上がってます。今回の台風からの贈り物は大きめのカミソリウオでした。また新たな生物を見つけたら情報公開していきます。

県内四国中央市よりお越しくださったWさん、リピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/4 県内松山よりKさんがきてくれました

10/4 県内松山より昨日に引き続きKさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は予報では曇りや雨になる予報でしたが日差しの心地よい晴れとなりました。海況はほぼ無風でベタ凪でした。水温は23℃前後と安定していて透視度は5~10mと回復していません。

集合時間は3タンクダイブの通常時間の8時半にしました。

一本目はリクエストで昨日と同じように塩子島ノースチャネルインサイドに9時頃エントリーしました。透視度は相変わらず深場に行かないと10m見えませんが魚影は濃く特にメジナの群れが水面付近に浮いているところから下に降りてくるときの帯状の群れは見物でした。マツバギンポは順調に大きくなり浅場のテーブルサンゴにはフタイロサンゴハゼが成魚で見られるようになりました。

二本目は砂地でゆったり生物観察が出来る塩子島サンディエリアに11時前エントリーしました。アカオビハナダイのコロニーはメスがオスに性転換している個体が多くみられました。被写体としては悩ましい真黒なオオモンカエルアンコウやドットが可愛いミナミハコフグの幼魚などが見られました。

ランチ後の三本目は地形ポイントである塩子島サウスベイに1時半頃エントリーしました。今の時期はどこのポイントもキビナゴで賑やかですが捕食者であるブリの若魚の大きな群れがアタックしているのが見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半頃に解散となりました。

透視度が回復せず浅瀬には局地的に大雨が降っていることとプランクトンが多いことで5m前後とわるくなっています。天候は言うことなしという感じで南風と日差しが心地よい日が続いています。9月に吹いていた北西の風が今から本格的に吹きだしますが防寒対策をしっかりとする必要がありそうです。

松山よりお越しくださったKさん、二日間ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

10/3 県内松山よりKさんが来てくれました

10/3 県内松山よりKさんが3タンクダイブに来てくれました。

この日の天候は真っ青な青空が広がる秋晴れとなりました。海況はほぼ無風となりベタ凪でした。水温は23℃前後と安定して透視度は5m〜10mで変動しています。

集合時間は3タンクダイブの通常時間である8時半にしました。

一本目はブランクがあるとのことだったのでチェックダイブにも使える塩子島ノースチャネルインサイドに9時頃エントリーしました。大潮周りでキビナゴが多くそれを狙ってブリの若魚が追い回していました。コロダイの幼魚が増えてクロホシイシモチの幼魚の群れは向こう側が見えないほどの密な群れをつくっています。

二本目は地形ポイントである塩子島ビックロックタウンに11時頃エントリーしました。透視度はわるかったですが色彩豊かなソフトコーラルの壁を泳ぎながらマクロ生物を見つつ楽しむことができました。クダゴンベは行方不明になりましたがサラサゴンべは変わらず見られています。

ランチ後の三本目は南の風が吹きだしたので影響を受けにくい塩子島ノースチャネルアウトサイドに1時半頃エントリーしました。上げの始まりでいい流れが入っていたのですが魚影は少なかったです。ここで高確率で見られるオオモンカエルアンコウはまた違う個体を見ることができました。色鮮やかなレンテンヤッコや二本目で見られたサラサゴンべがここのポイントでも見ることができました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時半過ぎに解散となりました。

大潮周りということでプランクトンが多く透視度があまり良くありません。去年もこの時期は同じようにわるかった覚えがありますがこの時期を越えると透視度が安定してきそうです。幼魚は少しづつ大きくなり見やすくなってきました。今からまた色々なものが出そうなので見つけ次第情報公開していきます。

県内松山よりお越しくださったKさん、初来店ありがとうございました。

また明日もよろしくお願いします。

10/2 県内今治よりKさんとGさんが来てくれました

10/2 県内今治よりリピーターのKさんがGさんを連れて3タンクダイブと体験ダイビングに来てくれました。

この日の天候は真っ青な青空が広がる晴れとなりました。海況は久々に南風が吹きましたが凪となりました。透視度は10m未満と落ちて水温は23℃前後です。

集合時間は3タンクダイブの通常時間である8時半にしました。

一本目はブランクのあるライセンス保持者であるKさんと塩子島ノースチャネルインサイドに9時過ぎエントリーしました。大潮周りでキビナゴの群れが常に水面付近いてそれを狙ってきたブリの若魚の群れが弾丸のように泳ぎ去るのがよく見られました。ここで群れる幼魚たちが少しづつ大きくなり群れ自体が大きな塊になっています。

二本目は体験ダイバーであるGさんと合流して体験ダイビングポイントである塩子島スモールビーチに移動しました。11時頃にエントリーしてGさんのスキルが終わり次第、Kさんが合流して水中ツアーを30分以上することができました。耳抜きに苦戦していましたが水深5m前後のサンゴ礁の生き生きとした場所をメインに潜り楽しむことができました。

ランチ後の三本目は午後に光が差し込む塩子島シーファンズリッジに1時半過ぎエントリーしました。ここの見どころのソフトコーラルは最近増えているオニヒトデに若干食べれていますがかわらず綺麗な景観が楽しめています。ここもキビナゴが群れていてキビナゴシャワーが常に流れています。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと4時頃に解散となりました。

久々に南風が吹き心地よい気候の中でダイビングが楽しめました。水温は例年より冷たいですが外気温が上がればウェットでも問題なく快適に潜れています。塩子周辺のオニヒトデも個人的に行っている駆除で数が減少傾向にあります。これからもポイントをメインに行っていこうと思います。

今治よりお越しくださったKさん、Gさん、初来店とリピートありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

9/27 県内松山よりYさんとSさんが来てくれました

9/27 県内松山よりYさんとSさんが体験ダイビングに来てくれました。

この日の天候は真っ青の青空が広がる秋晴れとなりました。海況は北西の風が強く白波はたっていましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は体験ダイビングの通常時間である9時にしました。

受付後にPadiの体験ダイビング冊子を利用して簡単な知識を付けてもらい実際に海でするいくつかのスキルを予習してもらいました。水着に着替えたあと器材のサイズ合わせをして体験ダイビングポイントである塩子島まで移動しました。天気が良かったので水になれてもらうため最初にスノーケリングをしてもらいました。その後に水面水中でのスキルをいくつかしてから水中ツアーを30分程することができました。光が入っているぶん透視度は良く感じ綺麗なサンゴやキビナゴの群れがキラキラとして綺麗でした。

ツアー終了後、ランチ前ということで少し談笑をしたあと1時前に解散となりました。

真冬のような北風が吹いていますが天候は回復して真っ青な空が広がって秋晴れとなりました。水温は変わらず23℃前後で推移しているようですが透視度は少し回復傾向にありそうです。体験ダイブのポイントということで5m前後の浅瀬ですが幼魚シーズンということでサンゴの間を色んな魚種の幼魚が見られています。サンゴポイントが少なくなったのでこの体験ダイブポイントを混ぜて開拓していこうと思います。

県内松山よりお越しくださったYさんとSさん、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

9/26 隣町宇和島と県内松山よりYさんとNさんが来てくれました

9/26 隣町宇和島と県内松山よりYさんとNさんが体験ダイビングに来てくれました。

この日の天候はあつい雲が広がりました。海況は北の風が強く吹きましたが問題なくツアーが行えました。透視度は5~10mで水温は23℃前後です。

集合時間は体験ダイビングの通常時間である9時にしました。

受付をすませたあとPadiの体験ダイビング冊子を使用して簡単な知識と実際にするいくつかのスキルの予習し、器材のサイズをあわせて体験ダイビングポイントである塩子島に移動しました。水温が下がって天候も悪いということでいつもは水に慣れるまでスノーケリングをしてから体験ダイブにうつるのですが体温が奪われないように早めにスノーケリングを終えて水中に入りました。水中は穏やかで体験ダイブが二回目のお客さんだったので30分以上の水中ツアーを行うことができました。キビナゴの群れが水面付近に常に群れていて水底には元気なサンゴ礁も広がっていて楽しめました。

ツアー終了後、昼前ということで少し談笑をしたあと12時半過ぎに解散となりました。

今年の残暑を優しくもう秋の空気が濃くなっています。真夏日に体温以上の気温になったので少し気温が下がってくると寒く感じられます。これから安定した秋の気候になってくれれば幸いなのですが体調管理をしっかりとしてツアーを行っていこうと思います。

隣町宇和島と県内松山よりお越しくださったYさん、Nさん、初来店ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。