1/9 昨日に引き続き県内松山よりSさんが来てくれました

1/9 昨日に引き続き県内松山よりリピーターのSさんが来てくれました。

この日の天候は西高東低の冬型の気圧配置になり北西の風の強かったですが晴れ間の広がる一日となりました。海況は同じく北西の風が強かったですが問題なくツアーが行えました。

集合時間は通常の9時半頃に設定しました。

一本目は魚群のポイントをリクエストされたので魚影ナンバーワンの塩子島ノースチャネルインサイドに10時前エントリーしました。大型の回遊魚の群れは残念ながら見られませんでしたがいつも見れられるイサキ、マアジ、メジナなどは普通に見られ水温が下がっているのに綺麗な蛍光色を発している単体の季節来遊魚であるヨスジフエダイやフウライチョウチョウウオなども見ることができました。この時期に浅場に上がってくるヒラメや残念ながらうまく写真には撮れず公開できませんでせんでしたが当店初観測となるマトウダイの成魚が見ることができました。

午後に海が急変することを考慮して前日と同じようにランチをはさまず二本続けて潜りました。

二本目は穏やかなポイントをリクエストされたので一番内湾に位置する鎌毛インサイドプレイスに11時半過ぎエントリーしました。前半の砂地では漁礁が点在しておりここのポイントにはよくいる大型のスルガリュウグウウミウシや鮮やかなニシキウミウシが見られました。中盤のテトラポット地帯ではなんちゃってケーブダイブをして上から差し込む光や色とりどりのソフトコーラルを楽しみました。後半の内湾特有のノーダメージな枝サンゴ群を浅瀬で楽しみ透視度が良く光も入っていたので南国の海にいる錯覚をするほどきれいな光景が見られました。

ツアー終了後、遅めのランチをとってログ付けと談笑をしたあと2時頃に解散となりました。

西高東低の気圧配置になり北西の風が強く吹きましたが塩子島の島影に位置するポイントがいくつかあり満足のいくダイビングが出来ました。午後になると海が荒れる傾向にあるのでいつもなら潜水時間50分前後のところを水温も低いこともあるので40分前後に設定し水面休息も1時間だけとって早めに切り上げるようしています。今回は水温が下がって初観測となるマトウダイが見ることができました。この時期なかなか潜る機会がありませんがまた新たな発見がありましたら情報公開していきます。

県内松山よりお越しくださったSさん、二日間ありがとうございました。またのご来店おまちしております。

2019年1月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします 1/8 今年初のダイバーさんは県内松山よりSさんが来てくれました

1/8 今年初のダイバーさんは県内松山よりリピーターのSさんが来てくれました。

この日の天候は雲が多いですが時おり晴れ間の広がる一日となりました。海況は午前中は凪状態で午後より風が出ましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は通常の9時半頃に設定しました。

一本目はこの時期には珍しく風が落ち着いていたので北西の風が吹くと潜れなくなる塩子島シーファンズリッジに10時過ぎエントリーしました。少し曇り気味だったので水中の光量は乏しかったですが透視度は15m近くありここの見どころのソフトコーラルが綺麗に見れました。脱皮したてなのか色鮮やかな赤色のイセエビが印象的でした。

二本目は穏やかなポイントがいいとのことだったので内湾よりの鯖網代コーラルガーデンに12時過ぎエントリーしました。水温が16℃とかなり下がっていましたがここの見どころである枝サンゴの群生はまだ生き生きとしており綺麗な色をしていました。秋頃に多くなるチョウチョウウオの幼魚ですがこの時期でもよく見られるミスジ、アケボノ、トゲなどは普通に見ることができました。

ツアー終了後、遅めのランチをとって3時頃に解散となりました。

月日が経つのは早くもう新年を迎えることになりました。この時期お店を閉めることが多いですが事前にご連絡を頂ければ調整することができますので興味がある方はご連絡下さい。陸上同様に海中も季節を感じることができるので透視度の良い時期に潜ってみてもいいと思います。お待ちしております。

県内松山よりお越しくださったSさん、今年初のダイバーでのご来店ありがとうございました。また明日もよろしくお願いします。

2019年1月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

10/8 県内四国中央市よりWさんと伊予郡松前町よりIさんが来てくれました

10/8 県内四国中央市よりWさんと伊予郡松前町よりIさんがリピートしてくれました。

この日の天候は早朝は曇り空が広がっていましたが時間が経つにつれて夏を思わせるような日差しの強い晴れとなりました。海況は北西の風が強く風波が発生してポイント制限がかかりましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は3タンクダイブツアーだったので8時半に設定しました。

一本目は午前中に光が差し込む塩子島サンディーエリアに9時半頃エントリーしました。透視度は10m以上あり前半の砂地エリアではネジリンボウ、アカオビハナダイのコロニー、ニシキアナゴと見たあとゴロタ地帯の漁礁では流れてきたミナミゴンベや今から増えてくるニシキウミウシ、強面のホタテウミヘビなどが見られました。

二本目は地形ポイントのに行く予定でしたが塩子島の西側は荒れたのでサンゴのポイントの塩子島サウスコーラルガーデンに変更して11時半頃エントリーしました。エントリー付近は水底から階段のようになっているテーブルサンゴが見られましたが移動していくと岩と岩の間にクッキーのかけらのように崩れたテーブルサンゴがありました。週末台風であった24号と25号の影響と思われますが浅場のテーブルサンゴは残念な景観になってしまいました。内湾のコーラルガーデンの鯖網代とは違ってヤリカタギの成魚が泳いでいたりこの時期に群れるチョウチョウウオや昨日に続いてのアオウミガメが見られるなどのサプライズもありました。

二本終了後、ランチをとり長めの水面休息をとりました。ここで2タンクダイブツアーのWさんは解散となりました。

3本目は今まで行ったことないポイントに行きたいとのことだったので須ノ川コーラルガーデンに2時過ぎエントリーしました。季節来遊魚が台風あとに流れついているか確認する予定でしたが見つけることは出来ませんでした。幼魚から成魚に変わりつつあるコロダイの若魚や小型のウマヅラカワハギの群れ、安全停止中に砂地に現れたセミホウボウといつもと変わった生物が見られました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと4時半頃に解散となりました。

二日続けてのアオウミガメの出現や明らかに数が増えてきているウミウシ類などベストシーズンはまだまだ続いています。これから北西の風が強くなる季節になりますが塩子島周辺では島影に入れば影響はなく内湾のポイントではほとんど影響はありません。まだ今月いっぱいは水温が24℃前後とウェットで潜れるので興味がある方は早めにご連絡下さい。お待ちしております。

県内四国中央市よりお越しくださったWさん、伊予郡松前町よりお越しくださったIさん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

2018年10月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

10/7 県内伊予市よりMさんが来てくれました

10/7 県内伊予市よりMさんがリピートしてくれました。

この日の天候は台風あとでしたが日差しの強い晴れとなりました。海況は北の風が若干吹く程度で台風のうねりもほとんどなくなりダイビング日和となりました。

集合時間は午後からのスタートを希望されたので1時に設定しました。

一本目はリクエストのあった午後に日差しが入る塩子島シーファンズリッジに1時半エントリーしました。透視度は前日のうねりの影響が少し残っていてもやがかった状態でしたが台風前より回復して10m以上見通すことができました。キビナゴの量は少なかったですが弾丸ライナーのブリの若魚の群れが見られたりこの時期観察しやすい甲殻類や水温が高い時期に見られるイガグリウミウシなどカラフルな生物も見られました。サプライズで残念ながら写真に収めることは出来ませんでしたがアオウミガメも見ることができました。

二本目はリクエストのあった今まで潜ったことがなかったポイントの塩子島サウスベイで3時頃にエントリーしました。嫌われ者であるオニヒトデを見てみるとヒトデヤドリエビが数匹居ついていました。これほどの安全地帯は彼らにはないでしょう。他にも直立不動している残念ながら名前はわからないアメフラシ系のウミウシや大型の真黒なオオモンカエルアンコウなども見られました。後半は岩のクレバスを通ったあとに浅場のキビナゴの大群にカンパチの群れが捕食しているアタックが見られ満足のいくダイビングが出来ました。

ツアー終了後、愛南町の甘味である藻塩大福を食べながらログ付け談笑をし5時過ぎに解散となりました。

心配された台風の影響もほとんど残っておらずダイビング日和となりました。水温もまだ24℃前後とウェットでも外気温が高く快適に過ごせています。海中もブリとカンパチの群れの両方が見られる時期なのでキビナゴの群れがいたら捕食シーンも狙えて賑やかな状態が続いています。ウミウシもいつも見ている種類とは違うのが出てきました。また新たな情報がありましたが公開していきます。

県内伊予市よりお越しくださったMさん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

2018年10月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

5/5 引き続き関西方面よりIさん、Mさんの二人組と隣町宇和島よりMさんが来てくれました

5/5 引き続き関西方面よりIさん、Mさんの二人組と隣町宇和島よりMさんがリピートしてくれました。

この日の天候は、一日を通して晴れ間が広がる青空となりました。海況はほぼ無風でベタ凪状態となりダイビング日和となりました。

集合時間は通常の9時半に設定しました。

一本目は、午前中に光が差し込む塩子島ノースチャネルインサイドに10時頃エントリーしました。透視度は朝一だったので10mほど見通すことが出来ました。まだ水温が低いのでそこまで魚影は濃くないですがイサキ、ミナミハタンポ、マアジの群れは常に見られ砂地では最近よく見るヒラタエイや今の時期しか浅場に来ない大型のヒラメなどが見られました。鮮やかな魚が見当たらない時期ですが普通種であるチョウチョウウオやカゴカキダイ、サンゴに居ついているイバラカンザシなどが海中を彩っていました。

浮上後、ショップに戻りランチをとり二時間ほどの水面休息をとって体を温めました。

二本目は、午後に光が差し込む塩子島シーファンズリッジに1時頃エントリーしました。残念ながら午後に入り春濁りが酷くなって透視度は5mになってしまいましたがマクロ中心に切り替えて潜りました。サガミ、ミドリリュウグウウミウシが交接シーンなので一個体いると近くに数個体見つけることが出来ました。甲殻類はイセエビや黄色のウチワに居ついているオルトマンワラエビなどが見つけることが出来ました。

ツアー終了後、ログ付けと談笑をしたあと3時頃に解散となりました。

午前中はそうでもなかったのですが、午後に入って春特有の緑がかった濁りが発生して透視度が残念なことになりましたが水温は19℃と上がっていてもうそろそろ20℃に届きそうです。まだ季節来遊漁や幼魚は流れてくる季節ではないですがウミウシは多く好きな人には被写体に困らない時期になっています。自分のカメラでは3センチほどの被写体しかピントがあわずなかなか写真によってお伝えできていませんが出来る限り情報公開していこうと思います。

関西方面よりお越しくださったIさん、Mさん、ゴールデンウィークの二日間ありがとうございました。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん、いつもリピートありがとございます。

またのご来店お待ちしております。

2018年5月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

10/7 隣町宇和島よりUさんとMさん夫妻が来てくれました

10/7 隣町宇和島より午前中Uさんがファンダイビングと午後よりMさん夫妻がライセンス講習に来てくれました。

この日の天候は、前日の雨は上がっていたのですが午前中はどんよりとした曇り空になり昼過ぎから日差しの強い晴れ模様となりました。海況は無風状態でベタ凪となり最高の状態になりました。

午前のファンダイビングの集合時間は8時半に設定しました。新規のお客さんだったのでヒラバエの一番の見どころといっても良い鯖網代コーラルガーデンに一本目を9時頃にエントリーしました。前日の雨と大潮ということでプランクトンが多いせいか透視度は10m以下に落ちていましたが水深の浅いポイントなので綺麗なサンゴ礁が見られました。

浮上後、テンポよく潜りたいとのことだったので船上にて1時間ほどの水面休息をとりました。

二本目は、魚影ポイントでアカオビハナダイが見たいとのことだったので塩子島サンディーエリアで10時半過ぎにエントリーしました。塩子島まで出てきたので透視度が回復しているかと思いましたがここの見どころである25m付近のアカオビハナダイのコロニーでは透視度が5mと落ちていて深場に行けば行くほど悪い潮になっていました。アカオビハナダイ以外にも被写体は多く今日は特にカサゴ系の魚が多かったです。

ツアー終了後、ランチをとりログ付けをして1時頃に解散となりました。

隣町宇和島よりお越しくださったUさん、ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

ライセンス講習の集合時間は1時に設定しました。今回は今年の夏に先にライセンスを取得された奥さんと共に講習されるということで申し込みと器材チェックを終えて講習に最適な鎌毛インサイドプレイスまで移動しました。講習二日目に一人で行うスキルを終えていたので今回はバックアップ空気源での浮上や疲労ダイバーの曳航などの二人で行うスキルを行い少し不安に感じていた中性浮力の練習を主にしました。一本目を終えて30分程休憩したあと最終的なファンダイビングを体験して頂くために本日二回目の鯖網代コーラルガーデンに潜りました。ブリーフィングからエントリー、エキジット方法、ハンドシグナルの確認などの確認を行い実際のダイビングスタイルで45分の潜水時間で水中世界を楽しみました。

海洋実習を終えたあと休憩所にて学科テストを終えてオープンウォーターダイバーを取得されました。少し雑談をし6時頃に解散となりました。

前日の南風と注意報が出るほどの雨の影響、大潮ということでプランクトンが多いなどの条件が重なり透視度が10m以下になっています。深場に行くと5mほどしか見通すことができない状態です。こういう状況でも違ったコース取り、ガイドスタイルの変更などをして楽しいダイビングを心掛けていこうと思います。

隣町宇和島よりお越しくださったMさん夫妻、ありがとうございました。旦那さんはライセンス取得三日間お疲れ様でした。これから色々な海を潜って水中世界を楽しんでください。

それでは、またのご来店お待ちしております。

 

 

2017年10月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

9/21 隣町宇和島市よりリピーターのIさんが来てくれました

9/21 隣町宇和島よりIさんがリピートしてくれました。

この日の天候は、いつ降り出すかもわからないようなどんよりとした曇り空になりました。海況はほぼ無風状態でベタ凪になりいい状況でツアーが行えました。

集合時間は2タンクダイブツアーの通常時間である9時半に設定しました。一本目は魚群を見たいとのリクエストがあったので塩子島ノースチャネルインサイドで10時ごろにエントリーしました。透視度が10m以上あり台風あとの濁りが引いて回復していましたが太陽の光が若干弱く暗いイメージになっていました。今回はいつもは全く見られないマダイの群れが見られました。よく見てみるとヒレに傷がある個体がほとんどだったので養殖筏が台風で壊れて養殖されていたタイが逃げてきたようです。一時はタイの大群が見れるようになりそうですが少し異様な光景に思えます。もう一種類、初めて確認されたのが最近見ていたニシキアナゴに続きアキアナゴが台風で運ばれてきたのか一匹確認できました。有名どころのチンアナゴは確認されていないのでこれから探してみようと思います。

浮上後、テンポよく潜るために船上にて一時間の水面休息をとりました。

二本目は地形ポイントをリクエストされたので塩子島シーファンズリッジで12時ごろにエントリーしました。夏は通常だと南風が吹いてこのポイントが主流となるのですが今年は北の風が良く吹いていたので潜る機会がすくなく久々に潜った感じがしました。このポイント名の通りウミウチワ(シーファン)やトゲトサカ(ソフトコーラル)の色彩が美しく甲殻類やカエルアンコウなどのマクロ生物も楽しめ中層を泳ぎ回るキビナゴの大群にアタックするカンパチやブリの若魚の群れもおりマルチなポイントだと改めて実感しました。

ツアー終了後、ランチをとり簡単なログづけをしたあと三時頃に解散となりました。

台風の濁りがなくなり透視度が10m以上と回復しました。水温も24℃と安定しています。天候には恵まれず暗い感じにはなってしまいましたがマダイの大群や初めて観察されたアキアナゴなど台風がもたらした新しい情報も入りました。これから季節来遊漁も大きくなり確認されやすくなると思うので情報公開していこうと思います。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、写真提供の件もかさねてありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

2017年9月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

9/18 広島よりYさんが来てくれました

9/18 広島よりYさんが来てくれました。

この日の天候は、前日に台風18号が通過した後でしたが雲一つない秋晴れになり日差しの強い一日となりました。海況は台風通過後なので北西の風が若干強くうねりも残っていましたが問題なくツアーが行えました。

集合時間は2タンクダイブツアーの通常時間である9時半頃に設定しました。一本目は新規のお客さんには必ずといっていいほど潜って頂く鯖網代コーラルガーデンで9時半頃にエントリーしました。台風の影響で透視度は5mほどに落ちていましたが光が差し込んでここの見どころである枝サンゴ礁が綺麗に見られました。

浮上後、二本続けて潜りたいとのことだったので船上にて1時間ほどの水面休息をとりました。

二本目は、景観を変えて魚影の濃い塩子島ノースチャネルインサイドで11時半頃にエントリーしました。透視度がここも落ちていて10m以下になっていましたがイサキ、マアジ、ミナミハタンポなどの魚群が楽しめフエヤッコダイやツノダシ、モンハナシャコなどの熱帯性の魚も観察することが出来ました。

ツアー終了後、遅めのランチをとり3時頃に解散となりました。

台風18号の影響で海況が大荒れにあり高速道路の通行止めなどもあって三連休前半はクローズということで潜ることが出来ませんでしたが最終日に潜ることができ良かったです。透視度は10m以下と悪かったですが水温は24℃と安定しています。

広島よりお越しくださったYさん、状況の悪いなかありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

2017年9月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

9/15 隣町宇和島よりIさんと引き続き松山よりSさんが来てくれました

9/15 隣町宇和島よりIさんと引き続き松山よりSさんがリピートしてくれました。

この日の天候は、台風18号の影響で一日を通して小雨の降る雨模様となりました。海況は若干のうねりはありましたが無風状態で本当に台風きてるのって感じで問題なくツアーが行えました。

集合時間は台風が接近しているので午前中に2タンクダイブを終えれるように8時半に設定しました。小雨の降る中申し込みと器材チェックを終えたあと一本目を塩子島サンディーエリアに9時頃にエントリーしました。天候が悪く光の乏しい水中景観となりましたが透視度が10m以上あるため水面がくっきりと見えカンパチアタックや浅瀬に出てきた小型のイセエビなどが見られました。

浮上後、早めにツアーを終えるように通常の水面休息より早い40分の船上休憩をしました。

二本目は、この前リサーチダイブした新ポイントの塩子島スモールロックタウンで11時頃にエントリーしました。ビックロックタウンの浅場に位置し一面サンゴ地帯のサウスコーラルガーデンの隣に位置するこのポイントは浅場は様々なハードコーラルが群生しており深場は隠れ根とくぼんだ地形がありその尾根に沿ってソフトコーラルが見られのが見所です。まだマクロ生物は見つかっていませんがこの時期特有のチョウチョウウオの群れの大きさは写真の通りすごい数でここが一番です。潮が速いと入れませんが魚が集まっており大型のアオブダイも居ついていました。水深もビックロックタウンの最大深度25m以上とは違い15mほどなのでビギナーさんでも条件が揃えば潜れそうです。これから潜りこむのが楽しみになりました。

ツアー終了後、ショップの中でランチをとりいつもとは少し早めの1時半頃に解散となりました。今回は自分のカメラの不調でお二人に写真提供をしてもらいました。

この時期は秋の台風が常に北上してくる可能性があるのでクローズになる確率も大きいですが水中景観はベストの状態が続いています。今回は天候に恵まれず暗いイメージでしたがそれでも透視度が10m以上あるので楽しめました。これから透視度がますますよくなるので情報公開していきます。

隣町宇和島よりお越しくださったIさん、二日連続で松山よりお越しくださったSさん、リピートありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

 

2017年9月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers

8/26 県内松山市よりリピーターのKさんが二人の大学生KさんとYさんを連れて来てくれました

8/26 松山市よりリピーターのKさんが二人の大学生KさんとYさんを連れて1タンクダイブと体験ダイビングの混合ツアーに来てくれました。

この日の天候は、今にも降り出しそうな空模様でしたが小雨が降る程度でした。海況は若干強い北の風が吹いていましたが問題なくツアーを行えました。

集合時間は、透視度、海況が安定している午前中にツアーを行えるよう9時に設定しました。早めに到着されたのでPADIの体験プログラムの教材を使って簡単な知識を付けてもらい器材チェックを終えたあと体験ダイビングのポイントである塩子島スモールビーチに移動しました。スノーケリングも未経験ということだったので20分程水になれてもらいました。ウェットスーツやフィンの感覚をつかんだ後に足のつく浅瀬に移動し器材を装着して水面と水中でのスキルをいくつかクリアしたあと水中ツアーを行いました。最初はアタフタしていましたがそこは若さという馬力でカバーし40分という長めの潜水時間をとることが出来て満足のいくツアーを行えました。時折水中から水面を見ると小雨が降っていたので若干暗いイメージになってしまいましたがここの見どころであるサンゴ礁の美しい景観は楽しめました。

ツアー終了後、少し談笑の時間をとって1時頃に解散となりました。

8月も終わりが近づきダイビング未経験者にとってこれからの時期は海に入るイメージはありませんが実際のダイビングのベストシーズンはこれからです。もし少しでも興味がありましたら一度体験ダイビングをしてみて下さい。

松山よりお越しくださったリピーターのKさん、大学生のKさんとYさん、ありがとうございました。またのご来店お待ちしております。

 

2017年8月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hirabaedivers