ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

4/14 本日の海情報

本日の天候は日差しの強い晴れ間が広がりました。海況は午前中はべた凪でしたが午後より南の風が吹き少し時化模様となりました。透視度は春濁りの影響で5m前後と落ちてますが水温が18度前後と上がっています。

水温が低い時期に多い大型のアカエイがよく見られています。ウミウシも多く壁伝いに探すとよく見つけれます。

内湾の浅場のサンゴ礁では魚が多く多様性の海中を楽しめています。この時期には珍しいキリンミノカサゴの幼魚が良く見られました。

春濁りで透視度は悪いですがこの時期に多くなるウミウシ探しをするのもいいかもしれません。水温も外気温が25度前後と上がってきてそれに伴って18度前後まで上がってきました。ドライスーツだと快適に潜ることができています。ゴールデンウィーク間近となってきましたが興味がある方、シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

4/11 本日の海情報

本日の天候は曇り時々晴れとなりました。海況はほぼ無風となりべた凪となってダイビング日和となりました。透視度は本格的な春濁りが始まり10m未満と落ちて水温は17度以上と安定しています。

この時期には珍しいハコフグの幼魚が見られました。ほかにもクリアクリーナーシュリンプなども越冬していてこの時期では見られない生物が多いです。

ウミウシの数が多くなり探せば数種類見ることができています。今回はミカドウミウシやホムライロウミウシなど見られました。

春の海らしく栄養たっぷりで透視度は落ちていますが砂地にはフクロノリが群生しだし浅瀬の岩場にはケガキノリが一面が広がっています。この時期にしかない景観が楽しめるので興味がある方、シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

4/10 本日の海情報

本日の天候は朝方は気温が下がりましたが日差しの強い快晴となりました。海況は昼頃に北風が若干吹きましたが凪となり最高のダイビング日和となりました。透視度は10m未満と春濁り気味で水温は17度以上と安定しています。

砂地に点在するアカオビハナダイのコロニーでは変わらず多くの個体が見られました。この時期には珍しいムチカラマツに居ついているビシャモンエビが見られました。

外海の隠れ根のポイントではヒレボシミノカサゴが岩陰で見られました。シマキンチャクフグの幼魚もこの時期には珍しく見られました。

久々のべた凪となりポイント選びのストレスもなくいいダイビングができました。春濁りの傾向が若干あり少し透視度が下がっていますが光が十分に入っているので浅場は海藻が最盛期ということで豊かな日本らしい海が楽しめています。興味がある方、シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

4/9 本日の海情報

本日の天候は晴れとなりました。海況は北の風が強く吹き時化模様となりました。透視度は10m未満と少し落ちて水温は17度以上と安定しています。

海況が時化模様となったため風よけポイントでべた凪となる内湾ポイントに潜りました。天候がよく光が十分に入っていたのでサンゴの生き生きとした景観が楽しめました。

今シーズンは普段この時期見られない甲殻類がすでに多く見られています。内湾ポイントですがウミウシも探せばみられています。

春らしい気候でころころ変わる天候、風向に悩まされていますが台風以外は風よけポイントがあるので安全にツアーが行えています。外気温が高く北風が吹いても陸上はそれほど寒くなくなりました。これからゴールデンウィークに向かって状況はよくなっていくと思うので興味がある方、シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。ご来店お待ちしております。

4/7 本日の海情報

本日の天候は曇りのち晴れとなりました。海況はほぼ無風のべた凪となりダイビング日和となりました。透視度は10m前後と通常時で水温は17度以上と変っていません。

大潮周りということでイサキの大行列が見られました。今から増えてくるイガグリウミウシも数を増やしています。

久々に潜った平碆周辺の鯖網代コーラルガーデンではテーブルサンゴの大きさが太く大きくなっていました。一時はオニヒトデや貝の食害ではなく水温か寄生虫の影響で壊滅的に死んでしまったエダサンゴ群も回復傾向に入っています。

いつもならこの時期はサンゴが耐え忍んで水温が上がるのを待っている感じで色があまりないのですが今シーズンは冬の間水温が高かった影響かもうすでにいろいろなチョウチョウウオの幼魚がサンゴ礁に居ついていて華やいでいます。またこれから水温が上がるにつれにぎやかになってくると思ので興味がある方、シーズンインをお考えの方はご連絡下さい。ご来店お待ちしております。